Rakuten infoseek

辞書

職業安定法【しょくぎょうあんていほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

職業安定法
しょくぎょうあんていほう
昭和 22年法律 141号。これから雇用関係に入ろうとする労働者に対して,各人能力にふさわしい就職の機会を斡旋することによって産業に必要な労働力を確保し,もって職業安定をはかるとともに経済の発展に寄与することを目的とする法律。公共職業安定所その他の職業紹介職業指導,労働者の募集,労働者供給事業などについて規定する。労働市場の組織化と就業の際における労働者保護を目的としているために,職業紹介には原則として営利職業紹介事業を認めず,公共職業安定所のみが無料で行うようにしていることが特徴である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

職業安定法
仕事を紹介する事業などについての適正な運営を確保し、職業の安定を図ることを目的としている。事業者側に、求人票に正確な労働条件を記載することを義務付けており、うその条件や内容を示して労働者を募集することを禁じている。
(2011-05-09 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

しょくぎょうあんてい‐ほう〔シヨクゲフアンテイハフ〕【職業安定法】
各人の能力に適した職業につく機会を与えることによって、産業に必要な労働力を充足し、職業の安定と経済の興隆を図ることを目的とする法律。昭和22年(1947)施行職安法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビジネス用語集

職業安定法
職業安定法とは昭和22年に制定された職業紹介に関する基本法です。

公共職業安定所をはじめとするその他の職業安定機関が労働者に就業の機会を与え、産業に必要な労働力を提供することを目的として策定されました。職業安定法ではこれまで原則として民間の労働者派遣事業を禁止していましたが、1985年の労働者派遣法の成立により民間でも派遣事業に参入出来るようになりました。

その後、不況が長引き失業者があふれたことや人々の働き方が多様化したことを背景として、平成16年3月1日に改正職業安定法が施行されました。改正職業安定法では職業紹介事業の許可や届出制の見直しが制定されました。これによって有料職業紹介事業・無料職業紹介事業の許可が事業所単位から事業主単位に認められるようになり、手続きが簡素化されたのです。

また、農業協同組合法、中小企業等共同組合法など特別の法律によって設立された法人の無料職業紹介事業が届出により可能となったほか、職業紹介事業と飲食業・旅館業などとの兼業禁止規制も撤廃されました。
こういった新しい雇用創出の機会をふやす仕組みが整えられ、時代の流れを汲んだ法改正となったのです。

職業安定法は以下の5章で構成されています。

第1章 - 総則(第1条 - 第5条)
第2章 - 職業安定機関の行う職業紹介及び職業指導(第6条 - 第29条)
第3章 - 職業安定機関以外の者の行う職業紹介(第30条 - 第47条)
第4章 - 雑則(第48条 - 第62条)
第5章 - 罰則(第63条 - 第67条)

出典:転職.jp

世界大百科事典 第2版

しょくぎょうあんていほう【職業安定法】
各人に能力に応じた適当な職業に就く機会を与えることによって就職や転職の円滑化を図ることを目的とする法律。職安法と略する。雇用保険法職業能力開発促進法(旧職業訓練法)とあいまって労働者の雇用保障の実現を目ざす。第2次大戦前の職業紹介法(1921公布)は,私的な営利職業紹介や労働者募集に対する警察的取締りが中心であったが,職業安定法(1947)は労働権(憲法27条)や職業選択の自由(憲法22条)を保障する観点から,求職者に適切な就労の機会を与えることを重視している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょくぎょうあんていほう【職業安定法】
各人に職業に就く機会を与えることによって産業に必要な労働力を供給し、職業の安定と経済の興隆を図ることを目的とする法律。1947年(昭和22)制定。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょくぎょうあんてい‐ほう ショクゲフハフ【職業安定法】
〘名〙 公共の職業安定機関が、各人に適当な職業につく機会を与えることによって産業に必要な労働力を充足し、失業の発生を防止することを目的とする法律。昭和二二年(一九四七)制定。平成一一年(一九九九)一部改正。公共職業安定所などの職業安定機関、職業紹介、職業指導、労働者供給事業などについて規定する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職業安定法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

職業安定法の関連情報

関連キーワード

岩手県の要覧ニューギニア[島]景帝景帝[前漢]小海(町)小諸(市)滋賀(県)ニューギニア島ハギ佐久穂(町)

他サービスで検索

「職業安定法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.