Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

職掌【しょくしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

職掌
しょくしょう
仕事を行うのに必要な労働力種類が質的に似通っている職務を大きくまとめたもの。通常従業員が担当する務は類似性のあるものが一つの職種としてまとめられ,職種はさらに系統別にまとめられて職務系列の分類が行われる。この職務系列を質的な違いに応じて分類したものが職掌と呼ばれる。たとえば専門的能力を必要とする技術職掌と,生産作業を直接行う作業職掌とに分類される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しき‐しょう〔‐シヤウ〕【職掌】
律令制で、諸司に置かれた下級職員。
中世、神社に仕えた下級の神官。
明治2~10年(1869~77)、皇太后宮職皇后宮職に置かれ公文書類を扱った判任官

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょく‐しょう〔‐シヤウ〕【職掌】
担当している仕事。職務。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しきしょう【職掌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しき‐しょう ‥シャウ【職掌】
〘名〙
① 令制の大膳職(だいぜんしき)や左右京職などの職に置かれた下級官人。雑務をつとめる。
※三代格‐四・弘仁九年(818)三月二八日「応職掌二人事〈並令把笏〉」
② 神社で雑用を務め、また神楽なども舞った職員。
※皇太神宮儀式帳(804)「一職掌雑任三人」
③ 寺院の俗役の一つ。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)拝堂篇「先例拝職掌廿人也」
④ 明治二年(一八六九)七月八日皇太后宮職、皇后宮職に置かれた判任官。同一〇年八月二九日に廃止された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょく‐しょう ‥シャウ【職掌】
〘名〙
① 担当の職務、また役目。また、その担当者。
※十七箇条憲法(604)「十三曰、諸任官者、同知職掌
※太平記(14C後)二四「院司公卿以下有限之職掌(ショクショウ)等、悉以可恭行之由有其聞
② 寺院に隷属する俗役。
※醍醐寺新要録(1620)「醍醐座主御拝堂式〈略〉職掌二人〈友行・清友〉、着冠・赤狩衣、捧白杖」 〔晉書‐楽志下・伯益〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職掌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

職掌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.