Rakuten infoseek

辞書

聴診器【ちょうしんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

聴診器
ちょうしんき
stethoscope
心音,呼吸音,動脈音,腸音,胎児心音などを聞き取る診察用具で,患者胸壁に当てる部分医師の耳にはめる部分,両者をつなぐ管から成っている。 1819年フランスの医師 R.ラエネック (1781~1826) がこれを発明するまでは,医師は自分の耳を直接に患者の身体に当てて聞いていた。胸当て部分には,象牙などを深く彫ってつくったベル型と,金属などの枠にプラスチックや金属の薄膜を張った膜型とがある。管状単耳型のものは,おもに妊婦の腹壁に当てて胎児心音を聞くのに用いられる。最近は音を増幅してスピーカを通じて多数の人に聞かせる電子聴診器もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょうしん‐き〔チヤウシン‐〕【聴診器】
聴診に用いる器具。1819年、フランスの医師ラエネックが考案し試用。患者のからだに当てる部分と医師が耳に当てる部分と、それをつなぐ管とからなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうしんき【聴診器 stethoscope】
聴診を行うために身体の外側から音を聴くための用具。1816年フランスのR.T.H.ラエネクによって発明された。それ以前の聴診は身体に直接耳を当てて聴く方法(直接聴診法)であった。丸太の端を釘でこすり,伝わってくる音を反対側の端に耳を当てて聴いている子どもたちの遊びからヒントを得たラエネクが,厚紙を巻いて作った円筒を患者の胸に当てて心音を聴診したのが初めといわれる。彼は木製の筒を作り,それにギリシア語で〈胸stēthos〉と〈注視することskopos〉を意味する言葉を結びつけてstéthoscopeという名を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうしんき【聴診器】
聴診するための器具。1816年フランスのラエネクが発明。現在では集音部から音をゴム管で導き両耳で聴く双耳型が多く用いられるが、他に胎児の心音を聴く木製管状のもの、集音部にマイクロホンをつけて電気的に増幅して聞くものなどある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

聴診器
ちょうしんき
患者の体内で発生する自然の振動を耳で聴いて診察し、診断の手段に役だてる方法を聴診法といい、その際に用いる器具が聴診器である。患者の体に直接耳を当てて振動を聴くことは、古代エジプトや古代ギリシアでも行われたが、現在の聴診法の基礎を築いたのは、フランスの医師ラエネクで、1819年、児戯にヒントを得てノートを筒形に巻き、聴診に試用したのが始まりである。
 聴診器には、管状(単耳)と双耳とがある。管状聴診器は均質の剛体でつくられた漏斗(ろうと)で、幅広い端を体壁に、細い他端を耳に当てる。代表的なものにトラウベ型聴診器があり、音の性質が変化しないため、過去には好んで用いられたが、現在では産科での聴診に用いられるにすぎない。双耳聴診器は現在もっとも普通に用いられる聴診器で、振動を集める集音部と、これを耳に伝える管の部分からなり、音を両耳に伝えて聴き取るところからこの名がある。1955年ころまでは、集音部と耳に挟む部分が象牙(ぞうげ)あるいはエボナイト製、管の部分がゴム製という型がよく用いられたが、現在ではこれらの材料に、金属や人造ゴム、合成樹脂製品を用いたものが多い。とくに集音部として膜型と漏斗型の両者を備え、必要に応じてひっくり返して使い分けられるものが好んで用いられている。
 聴診器により胸部、腹部、頸(けい)部、四肢などを聴診する。心臓については、心音(正常心音、過剰心音)、心雑音、血管雑音など、肺については呼吸音、ラ音(気管・気管支を空気が通過するときに認められる雑音)、摩擦音、声音伝導など、腹部では腸管蠕動(ぜんどう)音、血管雑音、胎児心音、子宮雑音などを聴取する。心音を聴取することは、心疾患の診断、とくに心臓弁膜症、先天性心疾患の診断には絶対不可欠である。肺の聴診では気管支炎、肺炎、肺結核、肺腫瘍(しゅよう)、気管支喘息(ぜんそく)、胸膜炎、気胸などの診断に役だつ。腹部の聴診では腸管の蠕動に伴う腹鳴(グル音)が聴かれるが、腸管に通過障害があると亢進(こうしん)し、麻痺(まひ)性腸閉塞(へいそく)では消失する。また、腹部大動脈瘤(りゅう)などでは、相当する部位に血管雑音が聴かれる。産科でのトラウベ型聴診器による腹部聴診では、胎児から発する胎児心音、臍帯(さいたい)雑音、胎動音、母体から発する子宮雑音、大動脈音、腸雑音などを聴取しうる。[井上義朗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうしん‐き チャウシン‥【聴診器】
〘名〙 呼吸音、胸膜音、心音、胎児心音などを聴診する器具。一八一九年フランスの医師ラエネクがノートを筒形にまいたものを用いたのが最初。現在は両耳孔に入れる部分と患者に当てる部分をゴム管や合成樹脂管で連結する双耳式聴診器がおもに用いられている。
※生(1908)〈田山花袋〉一一「鞄から聴診器を出して、胸の其処此処と当てて見た」
[語誌]双耳式聴診器は、一九世紀中頃アメリカ人医師、カンマンが発明。幕末に日本に伝わり、「測胸器」「聴胸器」と呼ばれた(「医語類聚(一八七二)」)。その後、ドイツ語の訳語として「聴診」(「独逸医学辞典(一八八二)」)が造られ、「聴診器」と改称された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聴診器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

聴診器の関連情報

他サービスで検索

「聴診器」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.