Rakuten infoseek

辞書

聖王【せいおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

聖王
せいおう
Sǒng-wang
[生]?
[没]聖王32 (554)
朝鮮,古代三国の一つ百済の第26代の王(在位 523~554)。武寧王の子。諱は明禯(めいじょう),聖明王とも呼ぶ。聖王の時代は北方に強敵高句麗が迫り,東方には新興の新羅の脅威を受け,きわめて多難な時代であった。王は中国南朝のに朝貢してその文物制度を取り入れ,国力の回復をはかった。すなわち聖王16(538)年,首都を熊津から泗沘に移し国号も一時南扶余と改め,中央,地方の制度を改革した。王の外交政策は権謀術策が多く,新羅の任那進出に対しては日本を支持するごとく見せかけて事実は王自身も任那併合の野心をもち,金官国併合(532)以後は任那復興会議の主導権を握りながら任那への進出をはかって日本を牽制した。また高句麗に対しては一時新羅と結んで聖王29(551)年ハン(漢)江流域に進出し,失われていた 6城を奪回した。しかし翌年新羅にこれを奪われたので同 32年王は新羅に攻め込んだが,かえって新羅軍のために敗北して戦死した。王は援助を仰ぐ意味もあって盛んに日本に使節を派遣し,仏教(釈迦像,幡蓋,経論)を伝え,また五経,医,易,暦などの学者を送ったことで有名(→百済文化)。日本側史料には,欽明13(552)年西部姫氏達率怒唎斯致契(せいほうきしだちそちぬりしちけい)らによってもたらされたと記されている(→欽明天皇)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐おう〔‐ワウ〕【聖王】
徳のすぐれた君主聖主

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

聖王 せいおう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

聖王
《Heinrich der Heilige》ドイツ王(在位1002~24年)、また神聖ローマ皇帝(在位1014~24年)であったザクセン朝の王、ハインリヒ2世の異名

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖王
フランス国王、ルイ9世(在位1226~70年)の日本語での異名。没後の1297年にローマ教会によって列聖されたことから。「聖ルイ」とも。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいおう【聖王 Sŏng‐wang】
?‐554
朝鮮,百済の王。在位523‐554年。聖明王,明王ともいう。諱(いみな)は明禯または明穠。524年に梁から〈持節・都督百済諸軍事・綏東将軍・百済王〉の爵号を受け,538年には泗沘(しひ)(扶余)に遷都して国号を南扶余と改めた。新羅と連合して高句麗を攻め,また新羅に対抗するために日本と交渉を持つなど,たくみな外交を展開したが,554年,新羅との戦いに敗死した。日本へ仏教を伝来したと伝えられている。【木村 誠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいおう【聖王】
徳が高く、立派な政治をする君主。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐おう ‥ワウ【聖王】
〘名〙 の高い王。知恵、道徳のすぐれた君主。聖帝
※十七箇条憲法(604)「七曰〈略〉故古聖王、為官以求人。為人不官」 〔礼記‐祭法〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

聖王の関連情報

関連キーワード

聖明王聖明王元帝聖明王死因贈与ファラリス北海道の森林盲ろう魏書

他サービスで検索

「聖王」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.