Rakuten infoseek

辞書

聖天【しょうてん】

世界大百科事典 第2版

しょうてん【聖天】
サンスクリット名のナンディケシバラNandikeśvaraの漢訳名を大聖歓喜天といい,その略称歓喜天天尊などともいう。仏教では聖天を〈しょうでん〉と読む。大自在天(シバ神)と烏摩妃(うまひ)の子の俄那鉢底(がなぱち)(大将)のことで,大自在天の軍勢の大将であった。また毘那夜迦(びなやか)(障害を除去する者)ともいわれる。もとは人々の事業を妨害する魔王であり,インド神話におけるガネーシャ神に相当する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうてん【聖天】
しょうでんとも
「大聖歓喜自在天だいしようかんぎじざいてん」の略。 → 歓喜天

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうでん【聖天】
しょうてん(聖天)に同じ。
歌舞伎の下座音楽の一。祭り囃子ばやしを取り入れたもので、祭礼の場面などに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐でん シャウ‥【聖天】
[1] (「だいしょうかんぎてん(大聖歓喜天)」の略) 仏語。インドの仏教守護神の一つ。もとはヒンドゥー教の神。その形象は象頭人身で、単身と双身とがある。双身像は男天と女天が相抱擁している。男天は魔王、女天は十一面観音の化身という。夫婦和合・子授け・福徳の神。聖天神。歓喜天。
※九暦‐逸文・天暦四年(950)七月二日「自今日廿一ケ日間、令聖天
※七十一番職人歌合(1500頃か)二六番「もし我にいだきやあふと聖天の如くに人をつくりなさばや」
[2]
① 夫婦和合の神の意から転じて、男女の交接。
※雑俳・川柳評万句合‐明和二(1765)義一「しゃう天をくづしに来るが遣り手なり」
② 聖天をまつる聖天宮。特に、東京都台東区浅草の本龍院(浅草寺の末寺)、通称待乳山(まつちやま)聖天宮をいう。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)四「聖天の横ぞっぽうへ漕(こい)で行」
③ (「正天・正殿・庄伝」などとも書く) 江戸の祭囃子の一つ。また、歌舞伎に取り入れられて下座音楽の一つとなり、祭礼気分の場面に用いられる。太鼓を中心として大太鼓、篠笛、当鉦(あたりがね)がつく。〔絵本戯場年中鑑(1803)〕
※歌舞伎・弁天娘女男白浪(白浪五人男)(1862)稲瀬川堤の場「たそがれ近き赤星が、霞にぬるる月の笠トせうでんになり、赤星十三出て、留(とま)る」
※洒落本・寸南破良意(1775)手代「『義太夫じゃアねへの』『聖天じゃ』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐でん〔シヤウ‐〕【聖天】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

聖天
しょうてん
歓喜天」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

聖天
しょうでん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖天」の用語解説はコトバンクが提供しています。

聖天の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.