Rakuten infoseek

辞書

聖域【せいいき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

聖域
せいいき
sanctuary
(1) 宗教的に神聖な場所。神殿,教会,礼拝所など王権の及ばない地
(2) 軍事用語。中立国の領土や非武装地帯など,交戦権の及ばない地域をいう。ベトナム戦争時には,北はラオス国境からベトナム共和国(南ベトナム)国境沿いに,南はタイ湾にいたる 1000kmに及ぶジャングル回廊地帯(→ホー・チ・ミン・ルート)を称した。ベトナム民主共和国北ベトナム)軍や南ベトナム解放民族戦線が隠れ場所や補給・訓練・出撃基地として利用した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐いき〔‐ヰキ〕【聖域】
聖人の地位または境地。
神聖な地域。神社・寺院の境内、神が宿るとされる所など。「聖域を侵す」
それに触れてはならないとされている問題や領域

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

聖域
北方謙三の長編ハードボイルド小説。1991年刊行。「ブラディ・ドール」シリーズの第9作。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せいいき【聖域】
神聖な場所・区域。
侵してはならないとされる所、また事柄。 「予算削減に-なし」 → サンクチュアリ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐いき ‥ヰキ【聖域】
〘名〙
聖人地位。また、聖人の境地。清浄で尊い心境。
※東海一漚集(1375頃)二・天石説「凡情軽挙之念既息。而進修於聖域之願」 〔韓愈‐進学解〕
② 神聖な地域。また、比喩的に、戦火などを及ぼすことはしないと、当事国双方が了解している地域。または、問題として取りあげてはならないとされている事柄サンクチュアリー
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「最澄が〈略〉建立された延暦寺の堂塔は、法灯永く伝へられて我国仏教の本源となった聖域でございます」
※ある女(1973)〈中村光夫〉「伯母は鏡花の文庫に象徴される夫の心の聖域を尊敬し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖域」の用語解説はコトバンクが提供しています。

聖域の関連情報

他サービスで検索

「聖域」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.