Rakuten infoseek

辞書

聖地カラル-スーペ【せいちカラルスーペ】

世界遺産詳解

せいちカラルスーペ【聖地カラル-スーペ】
2009年に登録されたペルーの世界遺産(文化遺産)。同国中部、首都リマの北方に位置する、南北アメリカ大陸では最も古い5000年前の都市遺跡。この遺跡は1905年に発見され、6つの巨大ピラミッドなどが確認されている。また、キープ(情報を記録するために利用した紐の結び目のシステム)が使用されていたことも判明している。◇英名はSacred City of Caral-Supe

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖地カラル-スーペ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

聖地カラル-スーペの関連情報

関連キーワード

無形文化遺産保護条約自動車事故ブタインフルエンザ自由形尿路感染症豚インフルエンザ学校法人染料工業登録記念物アレクサンドル オベチキン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.