Rakuten infoseek

辞書

聖人【しょうにん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

聖人(しょうにん)
しょうにん
仏・菩薩(ぼさつ)の別称が転じて、有徳(うとく)の僧の尊称として用いられるようになったもの。上人(しょうにん)、聖(ひじり)ともいう。聖、聖人とは多くは在俗の修善者に対する尊称として用いられたが、往生(おうじょう)伝や『法華験記(ほっけげんき)』などで混用されているように、聖、聖人、上人との間に厳密な区別はみられない。浄土系諸宗では上人号が用いられ、なかでも真宗では列祖は上人とよぶが、宗祖に限って親鸞(しんらん)聖人とし、日蓮(にちれん)宗でも日蓮聖人とよんでいる。[藤井正雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

聖人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.