Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

耽美派【たんびは】

世界大百科事典 第2版

たんびは【耽美派】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

たんび‐は【耽美派】
〘名〙 耽美主義をおし進めた芸術上の人々。フランスのボードレール、イギリスのペーター、ワイルドなどを代表とする。日本では、明治末期に森鴎外、上田敏などによって紹介・先導され、雑誌「スバル」「三田文学」や第二次「新思潮」を拠点に、北原白秋、木下杢太郎、永井荷風、谷崎潤一郎などによって継承推進され、芸術上の開花を見た。唯美派。〔訂正増補新らしい言葉の字引(1919)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

耽美派
たんびは
美を人生の最高の価値とし,美の享受と創造をめざした文学の流派
唯美 (ゆいび) 派ともいう。自然主義に対立しておこり,明治末期〜大正初期にかけて文壇主流となる。北原白秋吉井勇木下杢太郎ら雑誌『スバル系統の人びと(スバル派),永井荷風久保田万太郎水上滝太郎・佐藤春夫ら雑誌『三田文学』系統の人びと,さらに『新思潮』系統の谷崎潤一郎小山内薫 (おさないかおる) らが属した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たんび‐は【×耽美派】
耽美主義を奉じる一派唯美派

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耽美派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

耽美派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.