Rakuten infoseek

辞書

耳下腺炎【ジカセンエン】

デジタル大辞泉

じかせん‐えん【耳下腺炎】
耳下腺の炎症。化膿菌(かのうきん)・ウイルスなどの感染によって起こり、耳の下がはれて痛む。特にムンプスウイルスによるものを流行性耳下腺炎(お多福風邪)という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

じかせんえん【耳下腺炎 Parotitis】
[どんな病気か]
 唾液腺(だえきせん)のうち、耳下腺はもっとも炎症をおこしやすく、耳下腺炎でも頻度が高いのが、流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)(おたふくかぜ(「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)」))です。小児に多い病気ですが、成人にもみられます。一度かかると生涯免疫を獲得します。
 何度も耳下腺炎をくり返す病気に反復性耳下腺炎(はんぷくせいじかせんえん)があります。無症状で慢性炎症のある耳下腺に、かぜや疲労などで体力が低下したときに口内の細菌が耳下腺の導管から入り、慢性炎症の急性増悪がおこる病気です。多くは10歳未満の男女にみられます。成人では女性に多くみられます。
 小児の反復性耳下腺炎は、ふつう成長とともに症状が軽くなりますが、まれに悪化することもあります。成人女性では、シェーグレン症候群でないことを検査で確認する必要があります。
[症状]
 片側または左右の耳下腺が腫(は)れて、痛みます。耳下腺を押すと耳下腺導管開口部からの排膿(はいのう)がしばしばみられます。抗生物質の内服によって1~7日で症状は消失しますが、数か月から数年の周期で反復します。
[治療]
 X線検査で慢性炎症の程度を調べます。耳下腺炎がおこるたびに耳下腺は壊れ、慢性炎症が悪化するので、耳下腺が腫れたら、できるだけ早期に抗生物質を内服します。
 また、むし歯や慢性扁桃炎(まんせいへんとうえん)は治療し、うがいをして口腔内(こうくうない)を清潔に保つことがたいせつです。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版

じかせんえん【耳下腺炎】
ウイルス・細菌などによって起こる耳下腺の炎症。患部が腫れて痛む。おたふくかぜもこの一種。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耳下腺炎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

耳下腺炎の関連情報

他サービスで検索

「耳下腺炎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.