Rakuten infoseek

辞書

【コウ】

デジタル大辞泉

こう【耕】[漢字項目]
[音]コウ(カウ)(漢) [訓]たがやす
学習漢字]5年
たがやす。「耕耘(こううん)耕作耕地休耕深耕農耕
働いて生活の資を得る。「舌耕筆耕
[名のり]おさむ・つとむ・やす

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

た‐がえし ‥がへし【耕】
〘名〙 たがえすこと。耕耘(こううん)。耕作。たがやし。《季・春》
※狂歌・華紅葉(1729)「耕(タカヘ)しの茶弁をあけた小町塚さそふ水ありちりやたらりに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た‐がえ・す ‥がへす【耕】
〘他サ四〙 (「田返す」の意。古くは「たかえす」) 作物を作るために田畑を掘り返す。たがやす。
※東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「歴山に耕(タカヘ)して盲ひたる父を養ふことを作せり」
[語誌]「かへす」は俗語で「かやす」ともいったところから、中世後期には「たがやす」という形も現われ、近世初期になると、「たがへす」よりも「たがやす」の方が多く用いられるようになった。しかし、近世においては、依然「たがへす」も使われ、もっぱら「たがやす」の形になったのは、近代になってからと思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た‐がやし【耕】
〘名〙 春、野菜の種子を蒔(ま)いたり、苗を植えるまえに田畑をすき返したりすること。耕作。たがえし。《季・春》
農業全書(1697)一「さて春の耕しは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た‐がや・す【耕】
〘他サ五(四)〙 (「たがえす(耕)」の変化した語) 作物を植えつけるため、田畑をすき返して土を柔らかにする。
※太平記(14C後)三二「父母を養はん為に歴山に行て耕(タガヤ)すに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

耕の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.