Rakuten infoseek

辞書

耐用年数【たいようねんすう】

デジタル大辞泉

たいよう‐ねんすう【耐用年数】
建物・機械など固定資産の税務上の減価償却を行うにあたって、減価償却費の計算の基礎となる年数。財務省令に定められている。
転じて、機器などが使用に耐える年数。「バッテリーの耐用年数を最大限に延ばす使い方」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典

耐用年数
償却資産が利用に耐える年数をいいます。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

世界大百科事典 第2版

たいようねんすう【耐用年数】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいようねんすう【耐用年数】
機械・設備などが使用に耐えられる年数。
固定資産が物理的・経済的に使用可能な年数。法令で定められ、減価償却期間算定の基準となる。耐久年数。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

耐用年数
たいようねんすう
durable periods
機械などのような償却性資産について予測される使用可能年数。取得原価、残存価額とともに減価償却計算の3要素のうちの一つである。償却性資産については、取得原価から残存価額を差し引いた額を耐用年数にわたって配分する手続がとられる。これを減価償却といい、費用配分の原則の一つの適用形態である。
 償却性資産は、時の経過や使用による減価(物理的減価)や、新発明や発見によってより優れた機械装置が出現することによる減価(機能的減価)を被る。したがって、耐用年数の見積りは、各企業が物理的減価と機能的減価の両者を考慮したうえで行うことになる。しかし、実務的には財務省令「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」(昭和40年大蔵省令第15号)において定められている標準的な耐用年数を用いるのが一般的である。[万代勝信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいよう‐ねんすう【耐用年数】
〘名〙 固定資産を更新なしで使用できる年数。物理的な耐用年数と制度上の耐用年数は一般に異なり、資産の種類別に法定耐用年数が決められていて、減価償却の基準となる。法定耐用年数には、技術進歩による陳腐化なども考慮されている。耐用年齢。
※現代日本技術史概説(1956)〈星野芳郎〉六「機械の耐用年数などは念頭になく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耐用年数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

耐用年数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.