Rakuten infoseek

辞書

老神温泉【おいがみおんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

老神温泉
おいがみおんせん
群馬県東部,利根川の支流片品川渓谷に位置する温泉沼田市に属する。泉質は硫化水素泉。泉温は 45~62℃。量にも恵まれ,皮膚病効能があるといわれる。尾瀬沼および丸沼金精峠を経て日光との観光ルート上にあって,観光地化が進んだ。近くに国の名勝・天然記念物の吹割渓谷,吹割滝がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

老神温泉
△群馬県沼田市▽、県北部、片品川西岸にある温泉。赤城山(大蛇)がを癒やしたとの伝説があり、傷治の湯として知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

老神温泉
おいがみおんせん
群馬県沼田市利根(とねまち)にある温泉。片品(かたしな)川峡谷の河床から湧出(ゆうしゅつ)する温泉を動力によって崖(がけ)上の旅館へ引き湯している。泉質は硫黄泉。赤城(あかぎ)の神が二荒(ふたら)の神と男体山麓(なんたいさんろく)の戦場ヶ原で戦って傷つき、この温泉に浴して治癒したという伝説に基づいて、赤城の神を祀(まつ)る風習があり、5月には蛇神輿(みこし)が繰り出す「大蛇まつり」が行われる。JR上越新幹線上毛(じょうもう)高原駅および上越線沼田駅からバスが通じる。[村木定雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

老神温泉
(群馬県沼田市)
関東・観光バスで行く名所100選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

老神温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

老神温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.