Rakuten infoseek

辞書

【よく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

翼(よく 航空機)
よく
wingaerofoil
空気より軽い軽航空機(気球、飛行船など)以外の航空機が、空中でその重量を支える力を発生させる機体の主要部分。「つばさ」ともいう。物体が流体の中を運動するとき、流体からその運動を妨げようとする力(抗力)を受ける。このときは、運動方向とほぼ直角の方向に大きな力の成分(揚力)が生じ、抗力と比べて揚力がとくに大きくなるような断面(翼型)をもち、構造や空力特性に応じていろいろな形がつくられている。一般の飛行機では翼は固定され、おもに空中でその重量を支える役目をする主翼と、飛行方向や姿勢を変えたり、つり合いを保たせる役目をもつ尾翼を備えている。主翼はそれ自体で縦のつり合いをとり、操縦もできるが、その場合は尾翼の必要がないので、無尾翼機とすることもできる。また、飛行機の初期には材料や構造の研究が発達していなかったので、軽く、じょうぶで必要な揚力を得るために十分な一枚の翼をつくることができず、二枚あるいは三枚、またそれ以上の翼をもつ飛行機が少なくなかった。[落合一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

翼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.