Rakuten infoseek

辞書

翁面【おきなめん】

世界大百科事典 第2版

おきなめん【翁面】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おきな‐めん【翁面】
〘名〙 能面の一種。中世、翁猿楽と呼ばれていた頃から用い、現在では、能楽で「翁」「式三番(しきさんば)」といわれる曲で、シテが演ずる翁に用いる白い彩色の白色尉(はくしきじょう)(=古くは肉色の彩色の肉色尉もある)と、狂言方が演ずる三番叟(さんばそう)に用いる黒い黒色尉(こくしきじょう)とがある。このほか、現在では普通は上演されない父尉(ちちのじょう)とがある。「白色尉」「黒色尉」ともに、顎(あご)は切れて両端を紐で結びつけてあって、ひげは植毛であるが、「白色尉」では鼻ひげは毛描きである。おきなおもて。おきな。おきなの面。
※風姿花伝(1400‐02頃)四「その中をゑらびて、稲経(いなつみ)の翁(おきな)〈翁面〉、代経(よなつみ)の翁〈三番申楽〉、父助(ちちのぜう)、これ三を定む」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翁面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

翁面の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.