Rakuten infoseek

辞書

翁猿楽【おきなさるがく】

世界大百科事典 第2版

おきなさるがく【翁猿楽】
古くは〈式三番〉ともいわれ,現在は単に〈〉という。劇形態のが生まれる前から猿楽が演じていた祝禱の舞を中心とするで,猿楽本来の芸と考えられている。南都薪(たきぎ)猿楽の冒頭に春日大宮社頭で演じられる翁猿楽を〈呪師走り〉と呼んでいることが示唆するように,この芸は往昔の呪師の走り芸の系統ひき,その源は平安末期に始まると推定される。翁猿楽に戯曲的な筋はほとんどなく,全体が一種儀式とみられるが,鎌倉末期まではこれが猿楽の芸の主体をなすものであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

翁猿楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

翁猿楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.