Rakuten infoseek

辞書

義足【ギソク】

デジタル大辞泉

ぎ‐そく【義足】
足の切断部分を補うためにつける人工義脚

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎそく【義足 lower extremity prosthesis】
義肢の一つで,切断された下肢補充を目的として使用される。下肢の役割は起立歩行が主であるから,手の場合ほど複雑な機能を要求されない。しかし,切断者は義足を用いることによって,ただ歩行ができるだけではなく,正常歩行と変わらない歩容を獲得したいと考える。これは,いわゆる正常歩行が歩行者にとってエネルギー消費の点で,最も経済的であるため,切断者の義足歩行に対する当然の要求でもある。義足は切断の部位により,下腿義足,大腿義足,股関節離断用義足などがあるが,膝関節より上位のレベルで切断された場合のたとえば大腿義足では,ひざの操作がきわめて重要になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎそく【義足】
足を失った人が、代わりにつける人工の足。義肢。 → 補装具

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎ‐そく【義足】
〘名〙 足の切断部分を補うためにつける人工の足。義脚。
※趣味の遺伝(1906)〈夏目漱石〉二「左の足が義足と変化しても帰りさへすれば構はん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

義足
ぎそく
義肢」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

義足
ぎそく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

義足」の用語解説はコトバンクが提供しています。

義足の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.