Rakuten infoseek

辞書

義理【ぎり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

義理
ぎり
村社会における相互関係を維持するために定められた行為。この義理を欠く者は,村八分という制裁を受けることもあった。親戚の間で果されるものと,村社会に対して果さなければならないものとに大別される。たとえば,冠婚葬祭時や田植え,家の新築,屋根ふき道普請などで,互いに協力し,労力を提供することがなかば義務づけられ,冠婚葬祭時の贈答に対して必ず返礼をするという行為も義理堅いとされる。今日では一般に交際関係や体面上必要とされる行為やものごとを広く含めていう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎ‐り【義理】
物事の正しい筋道。また、人として守るべき正しい道。道理。すじ。「義理を通す」「義理にはずれた行為」
社会生活を営む上で、立場上、また道義として、他人に対して務めたり報いたりしなければならないこと。道義。「義理が悪い」「君に礼を言われる義理はない」「義理をわきまえる」
つきあい上しかたなしにする行為。「義理で参加する」
血族でない者が結ぶ血族と同じ関係。血のつながらない親族関係。「義理の母」
わけ。意味。
「新訳の経は猶、文詞甚だ美なりと言へども、―淡く薄し」〈今昔・七・一二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎり【義理】
古くは,物事の正しい筋道の意で,《今昔物語集》や《愚管抄》にその用例が見える。また,文章やことばの〈意味〉という使われ方もあった。中世末期の《日葡辞書》には,すでに,〈良い道理〉とともに〈礼儀正しさ,律義さ〉という意味があげられているが,この言葉が,対人関係上,守り実践しなければならない道義をさすものとして特に重んじられるようになるのは,近世社会においてである。近世初めの儒者林羅山は,〈人ノ心ノ公平正大ニシテ,毛ノサキホドモ人欲ノ私ヲマジヘズシテ,義理ヲ義トスルハ,義ゾ〉(《春鑑抄》)といい,〈義理〉を儒教の〈義〉と結びつけ,世俗的な人間関係における絶対的な道義とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎり【義理】
物事の正しい道筋。人間のふみおこなうべき正しい道。道理。
対人関係や社会関係の中で、守るべき道理として意識されたもの。道義。 「 -を欠く」 「 -と人情の板挟み」 「今さら頼めた-ではない」
他人との交際上やむを得ずしなければならないこと。 「お-で顔を出す」
意味。わけ。 「苗代なわしろの代といふは、かはるといふ-也/三冊子」
直接血縁関係のない者の間にある、血縁同様の関係。 「 -の父」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

義理
ぎり

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎり【義理】
〘名〙
① 物事の正しい道筋。また、人の踏み行なうべき道。道理。
※米沢本沙石集(1283)三「癲狂が利口、世法自(より)仏法の無量の義理(キリ)をふくめり」 〔史記‐始皇本紀〕
② 職業、階層、親子、主従、子弟などのさまざまな対人関係、交際関係で、人が他に対して立場上務めなければならないと意識されたこと。体面。面目。
※曾我物語(南北朝頃)二「善き侍の振舞、弓矢のぎり、これにしかじと、惜しまぬ者はなかりけり」
③ つきあいや社交の場でのべる口上や挨拶。→義理を述べる
④ 特に世間的なつきあいの上で、仕方なしにする行為やことば。お義理。
※大田定吉宛か大田南畝書簡‐享和元年(1801)八月五日「旅館中之義理有之、贈答に困り申候」
⑤ 血縁以外の者が血縁と同じ関係を結ぶこと。また、その関係。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「王女(わんにょ)は義理(ギリ)ある子に侍れば」
⑥ わけ。意味。また、字句の内容。
※令義解(718)考課「皆挙経文及注問。其答者。皆須明義理。然後為上レ通」
※今昔(1120頃か)七「新訳の経は猶、文詞甚だ美也と云へども、義理淡く薄し」 〔蜀志‐李譔伝〕
⑦ (能で) 劇としての筋、内容。また、その面白さ。
※風姿花伝(1400‐02頃)五「されば、和州の風体、物まね・儀理(ぎり)を本(ほん)として」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

義理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

義理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.