Rakuten infoseek

辞書

義慈王【ぎじおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

義慈王
ぎじおう
Ǔija-wang
[生]?
[没]義慈王20(660)
朝鮮,古代三国の一つ百済の第 31代 (最後) の王 (在位 641~660) 。先王,武王の長子。王の時代は中国でが成立し,東隣の新羅は太宗武烈王の全盛時代で,百済の危機の時代であった。即位当初には西進する新羅軍を破っているが,逐次その勢力に圧迫されるにいたった。義慈王 20 (660) 年,唐は高句麗討伐の前提として新羅の武烈王と結び,陸海から百済を攻撃して破った。この結果,王族以下農民にいたるまで1万名余が唐に強制連行され,王も唐で没した。日本とは政治的にも文化的にも関係が深い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

義慈王 ぎじおう
?-660 百済(くだら)(朝鮮)の国王。
百済王朝第31代。在位641-660。太子時代,海東の曾子とよばれた。631年王子余豊璋(よ-ほうしょう)らを日本に人質としておくる。はじめ新羅(しらぎ)(朝鮮)に積極的に侵攻したが,しだいに国政をかえりみなくなる。義慈王20年新羅と唐(とう)(中国)の連合軍に攻められ敗北。同年9月唐で病死

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ぎじおう【義慈王 Ǔi‐cha‐wang】
?‐660
朝鮮,百済の最後の王。在位641‐660年。義慈は諱(いみな)。即位後みずから新羅の40余城を攻略し,また高句麗と同盟して新羅を攻撃するなど,領土を拡大して新羅を窮地に立たせた。しかし,やがて享楽におぼれて左右の言をかえりみず,国政は乱れた。660年,唐・新羅連合軍の攻撃をうけて降伏し,太子らとともに唐に連れさられ,病死した。残存勢力の抵抗ははげしかったが,百済はここに滅亡した。【木村 誠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

義慈王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

義慈王の関連情報

関連キーワード

百済(くだら 朝鮮)地球の深部百済エクストロイドCVT鬼室福信豊璋王漏刻メイズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.