Rakuten infoseek

辞書

義太夫節【ぎだゆうぶし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

義太夫節
ぎだゆうぶし
浄瑠璃の一流派。創流者竹本義太夫に由来する名称。原則として,1場を1人の太夫が語り,1人の三味線弾きが伴奏する。太夫は1人で多くの人物を語り分ける。義太夫節の三味線は邦楽各流で最も大きく,太棹といわれ,まれに箏や胡弓を伴う。時代物は5段,世話物は3段が普通の形で,地,詞,節で構成される。竹本義太夫は作者近松門左衛門と提携,従来の古浄瑠璃のもつ中世的語り物性を後退させ,近世的演劇的要素を濃厚にし,当時数多くあった古浄瑠璃各派を集大成して,一流を編出し,貞享1 (1684) 年道頓堀に竹本座の旗揚げをした。以来人形芝居の伴奏音楽は義太夫節が圧倒。元禄 16 (1703) 年,門弟の竹本采女が独立して豊竹若太夫を名のり豊竹座を創設。地味な西風といわれる竹本座に対し,はなやかな東風といわれる芸風で対抗,双方刺激し合い全盛期を現出した。その後,次第に歌舞伎に押され,作者の独創性も乏しくなり,新作も少くなった。竹本座,豊竹座も興廃を繰返し,現在では寛政 (89~1801) 年間に植村文楽軒によって創始された文楽座のみが遺存したため,「文楽」という名称が,人形浄瑠璃芝居の総称となった。人形浄瑠璃は約 100本の狂言を伝え,重要無形文化財とされている。素浄瑠璃で行われたり,歌舞伎が人形浄瑠璃のものを上演する場合も多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎだゆう‐ぶし〔ギダイフ‐〕【義夫節】
浄瑠璃の流派の一。貞享年間(1684~1688)に竹本義太夫が始め、のち竹本豊竹二派に分かれた。物語の筋、せりふ三味線の伴奏で節をつけ語るもので、操り人形劇と結びついて発達。非常に流行したため、浄瑠璃といえばこれをさすようになった。義太。義太夫。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎだゆうぶし【義太夫節】
日本古典音楽の種目。竹本義太夫が創始した浄瑠璃の流派。人形芝居の音楽として17世紀後半に成立し,幕末期以後は文楽人形浄瑠璃の音楽として,ひろく親しまれてきた。また,素浄瑠璃として,音楽だけを演奏する場合もある。ふつう浄瑠璃を語る太夫1人,三味線1人で演奏するが,掛合といって大勢で演じたり,箏,胡弓,八雲琴や,ツレ弾きの三味線が加わる曲もある。
[歴史]
 1684年(貞享1),竹本義太夫(筑後掾)が大坂道頓堀に竹本座を創設して,独立興行に踏み出したときにはじまる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎだゆうぶし【義太夫節】
浄瑠璃節の一。初世竹本義太夫が宇治加賀掾かがのじようなど古浄瑠璃各派の芸風や当代流行の各種音曲を取り入れ、新感覚で統一し、1684年の竹本座旗揚げ公演より語り出したもの。のち門人豊竹若太夫が独立して竹本・豊竹二座に分かれた。大いに盛行し、浄瑠璃といえば義太夫節をさすほどに流布した。義太。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

義太夫節
ぎだゆうぶし
浄瑠璃(じょうるり)の一種目。竹本義太夫(後の竹本筑後掾(ちくごのじょう))が始めたので「義太夫節」というが、大阪では単に「浄瑠璃」とよぶ。人形芝居(いまの文楽(ぶんらく))の音楽で、「色(いろ)」「詞(ことば)」「地合(じあい)」「フシ」という4種類の語り方を用いて台本(丸本(まるほん)という)の内容を表現していく。しかしこれらの技法は、人形の発達や操作技術の改良、あるいは三味線の演奏技術と絡み合って多様な変化をしたので、曲節の推移に重点を置いて義太夫節の展開を眺めてみる。
〔1〕色の時代 1684年(貞享1)竹本義太夫は大坂道頓堀(どうとんぼり)に竹本座を創立した。このときをもって、義太夫節の成立とする。義太夫は井上播磨掾(いのうえはりまのじょう)の曲風を慕い、また宇治加賀掾(うじかがのじょう)の影響も受け、いわゆる古浄瑠璃を集大成した。すなわち、「三重」「オクリ」など基本的旋律の使用法を規定して楽曲の体裁を整え、音楽形式の基礎を固めた。しかし、三味線の技術は未発達なために曲節は固定せず、色中心にならざるをえなかった。色というのは、台詞(せりふ)とも旋律とも区別しかねる語り方で、演者の裁量によりどのように語ってもよいのである。また人形は、「突っ込み」とか「差し込み」といった一人遣いの時代で、からくりも登場する。小さい人形とはいえ、多彩な技術が駆使されて、近松門左衛門作『曽根崎(そねざき)心中』(1703)や『冥途の飛脚(めいどのひきゃく)』(1711)が上演された。一方、義太夫の門から脱した豊竹若太夫(とよたけわかたゆう)は、豊竹座を創立した。『今昔操年代記(いまむかしあやつりねんだいき)』(1727刊)によると、文弥節(ぶんやぶし)か説経のように「風義かはりたる音曲」であったが、その語り口も義太夫節の一大主流となり、紀海音(きのかいおん)の作品や『北条時頼記(ほうじょうじらいき)』(1726)に特色を発揮した。「大音」の義太夫に対して「美音」の若太夫は、より旋律的な曲節が得意であったと推測される。義太夫の後継者となった竹本政太夫(まさたゆう)(後の竹本播磨少掾(はりまのしょうじょう))は、近松作『国性爺合戦(こくせんやかっせん)』(1715)や竹田出雲(いずも)作『芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)』(1734)を語った。しかし『ひらかな盛衰記』(1739)を例にすると、1人で五段構成のうちの大序(だいじょ)、二段目切(きり)、三段目切、四段目切を受け持っている。現代の曲節では、1人で語りこなせるものではない。とりもなおさず、当時はごく単純な語り方であった証拠となろう。
 播磨少掾の晩年には、三味線もいくらか発達し、三の絃(いと)の勘所(かんどころ)は12か所(現在は16)に増えていた。
〔2〕詞の時代 色が主流をなしていた1730年代、『芦屋道満大内鑑』の上演時に人形の左手と足に介添(かいぞ)えがついた。「三人懸(がか)り」の始まりという。やがて人形の目や口も動くように考案され、『源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)』(1749)では、斎藤別当実盛(さねもり)の人形が「人の如(ごと)く見ゆる」(浄瑠璃譜)と評されるまでに進歩した。いまや人形には、人と同じ表現法、つまり台詞の技術が必要である。これを詞とよぶ。詞は単なる会話や独白ばかりでなく、泣き、笑い、咳(せき)などにも写実的な技巧が凝らされた。いきおい台本も現代の戯曲に近くなり、台詞と地(ト書)の部分が明瞭(めいりょう)に区分され始める。竹田出雲ら合作の『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』(1746)、『義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)』(1747)、『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』(1748)などは、そうした要求を満たす作品である。しかも出雲らは、前時代の近松や海音とは違って、国法との対決というスケールの大きなテーマを伏線とした。とにかく詞に重点を置く義太夫節は、理解しやすいという理由もあって、前時代とは比較にならぬ観客の大動員に成功し、竹本座も豊竹座も大いに繁盛した。『竹豊故事(ちくほうこじ)』の伝えるところである。ここに記した作品は歌舞伎(かぶき)にも取り入れられ、日本を代表する演劇となったのはいうまでもなかろう。なおこの時代に活躍した大夫は、竹本大和掾(やまとのじょう)、竹本政太夫(2世)、竹本此太夫(このたゆう)、竹本島太夫(しまたゆう)、豊竹駒太夫(こまたゆう)らである。
〔3〕地合の時代 大夫の努力によって詞が発達したのに対し、三味線は徐々に技術を開発し、説明やト書に相当する部分を旋律化し始めた。そうした曲節のついた箇所を地合とよぶ。先兵となって作曲に取り組んだのが鶴沢文蔵(つるざわぶんぞう)で、評判記『闇の礫(やみのつぶて)』は文蔵を「近代の元祖」と称賛している。ようやく三味線は、台本の台詞の部分にも美しい曲節をつけ始めた。いわゆる「サワリ」の誕生である。また歌詞と歌詞の間を、短いながらも三味線だけでつなげるようになった。「合の手(あいのて)」の成立である。このような努力は必然的に勘所を増加させ、その組合せは複雑になっていく。ここに楽譜が登場してくる。鶴沢清七(せいしち)がつくった三味線の楽譜「朱(しゅ)」は、1781年(天明1)の創案だといわれている。三味線が活躍し始めた時代に現れる作品は、近松半二(はんじ)の『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』(1766)、『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』(1771)、『新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)』(1780)、『伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)』(1783)などである。半二の作品には、自然の「美」と人間社会の「醜」が対立しており、それを調和させ、また融合させる働きとして、「愛」が大きな比重を占めている。なお、初演のまま放置されていた近松門左衛門の作品が、50年以上の歳月を経て復活してきた。『冥途の飛脚』が『けいせい恋飛脚(こいびきゃく)』と改作されて、また『心中天網島(しんじゅうてんのあみじま)』が『心中紙屋治兵衛(しんじゅうかみやじへえ)』となって、三味線や人形の新技術にふさわしい姿をみせ始めた。新しい時代の要請にこたえたのが竹本政太夫(3世)や竹本中太夫(なかたゆう)である。詞に強味を発揮する竹本染太夫(そめたゆう)や、地合に巧みな竹本春太夫(はるたゆう)、あるいは美声の豊竹駒太夫(2世、3世)らも名声をはせた。
〔4〕フシの時代 1791年(寛政3)画工として名高い耳鳥斎(にちょうさい)は『はなけぬき』を著し、三味線は「手の回るに任せ引倒」し、「引(ひき)にくひことは引能様(ひきよきやう)に拵(こしら)へ直し」ていると書き留めた。三味線の技術はますます進歩し、形状もいまのような太棹(ふとざお)になる。やがて、美しい旋律ができることを知った三味線は、大夫の語る文句をもそのメロディに乗せ始める。これをフシという。かつては語ることを専一にしてきた大夫は、この段階で歌う必要に迫られたのである。こうした傾向は1780年代以降に顕著となり、道行に特色のある作品が復活し始めた。『義経千本桜』の道行もそうで、初演から58年目の1805年(文化2)に再演される。『玉藻前(たまものまえ)』『四季寿(しきのことぶき)』などの景事(けいじ)も盛んに上演された。三味線の活躍に伴って、1798年(寛政10)『阿古屋の琴責(あこやのことぜめ)』の大ヒットをはじめ、『無間(むけん)の鐘』『堀川の猿廻(まわ)し』『三十三間堂の木遣音頭(きやりおんど)』など、音楽性の豊かな作品が続出してくる。豊竹麓太夫(ふもとだゆう)、竹本内匠太夫(たくみだゆう)、豊竹巴太夫(ともえだゆう)らの大夫陣と、野沢吉兵衛(初世、3世)、鶴沢寛治(つるざわかんじ)らの三味線、それに人形の吉田新吾(しんご)や吉田辰五郎(たつごろう)ら、いわゆる三業の英知が一体となって、三人遣いにふさわしい音楽へと義太夫節は脱皮した。民衆娯楽として一時期は見離されていた人形芝居に、1805年(文化2)新しく植村文楽軒(うえむらぶんらくけん)の芝居(後の文楽座)も開場した。改めて人形芝居は、夢多き娯楽産業となった。そして日本全国へと広がっていく。
〔5〕明治以降 江戸末期に完成の域に達した義太夫節は、「音曲の司(つかさ)」といわれた。三味線音楽の王者という意味である。しかし、1868年以降の明治時代になっても、豊沢団平(とよざわだんぺい)(2世)、豊沢広助(ひろすけ)(5世)を初めとする三味線陣、あるいは竹本越路太夫(こしじだゆう)(後の摂津大掾(せっつのだいじょう))、竹本大隅太夫(おおすみだゆう)らは、曲節の改変に取り組んでいく。吉田玉造(たまぞう)を中心とする人形と張り合うためでもあったが、日露戦争を境に技術の進展は停滞した。かわって台頭するのが、先人の「風(ふう)」を尊重する風潮である。とくに初演の大夫の芸風を探り、浄瑠璃の精神を究めようとする動きが活発になった。そして豊竹古靭太夫(こうつぼだゆう)(後の山城少掾(やましろのしょうじょう))と竹本綱大夫(つなたゆう)(8世)によって、浄瑠璃の内面が深く掘り下げられ、芸術性がようやく完成の域に達するのである。現代はそうした思潮の延長線上に位している。
 なお義太夫節は、人形浄瑠璃文楽(ぶんらく)(大夫・三味線・人形)として1955年(昭和30)以来、重要無形文化財の総合指定を受けている。また個人としては、大夫では豊竹山城少掾、6世竹本住大夫(すみたゆう)、8世竹本綱大夫が、三味線では4世鶴沢清六(せいろく)が、同年重要無形文化財保持者に認定されたのを第1回に、以下、大夫では10世豊竹若大夫(わかたゆう)、4世竹本越路大夫、4世竹本津大夫、7世竹本住大夫、9世竹本綱大夫が、三味線では6世鶴沢寛治(かんじ)、野沢松之輔(まつのすけ)、2世野沢喜左衛門(きざえもん)、10世竹沢弥七(やしち)、5世鶴沢燕三(えんざ)、4世野沢錦糸(きんし)、8世竹沢団六(だんろく)(のち7世鶴沢寛治)、鶴沢清治が認定された。また1980年には、義太夫節保存会会員による義太夫節が重要無形文化財の総合指定を受け、そのなかから竹本土佐広(とさひろ)の浄瑠璃が1982年に、鶴沢友路(ともじ)の三味線が98年(平成10)に、竹本駒之助(こまのすけ)の浄瑠璃が99年に同各個指定を受けた(1953年に文楽座は「太夫」を「大夫」の表記に改めた。本項目もそれに従った)。[倉田喜弘]
『杉山其日庵著『浄瑠璃素人講釈』復刻版(1975・鳳出版) ▽義太夫年表近世篇刊行会編『義太夫年表 近世篇』全6冊(1979・八木書店) ▽義太夫年表近世篇刊行会編『義太夫年表 近世篇 別巻』全2冊(1990・八木書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎだゆう‐ぶし ギダイフ‥【義太夫節】
〘名〙 貞享元年(一六八四)初代竹本義太夫(筑後掾)によって創始された浄瑠璃の代表的流派。播磨、嘉太夫の二流と当時流行の語り物などの長所をとり入れて大成したもの。門弟豊竹若太夫が一派を起こし二派になる。近松門左衛門、紀海音ら名作者を生み、歌舞伎をしのぐ流行をみせた。人形芝居や歌舞伎で用いられる。当流。義太。義太夫。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

義太夫節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

義太夫節の関連情報

他サービスで検索

「義太夫節」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.