Rakuten infoseek

辞書

群飛【グンピ】

デジタル大辞泉

ぐん‐ぴ【群飛】
[名](スル)多数で群れをなしてぶこと。昆虫ではシロアリの生殖期やミツバチの分封期にみられるものや、蚊柱飛蝗(ひこう)など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぐんぴ【群飛】
スル
昆虫や鳥が多数、群れをなして飛ぶこと。昆虫の場合、多くは一種の配偶行動で、シロアリの交尾群飛や蚊柱はその例。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

群飛
ぐんぴ
一般に昆虫などが多数群れて飛ぶことをいい、swarmingの訳。群飛の多くは生殖に関係している。アリやシロアリでは生殖期に多数の有翅(ゆうし)の雄や雌が群飛を行い、空中または地上で交尾をするが、これらは結婚飛行とよばれる。また、カゲロウやトビケラなどの水生昆虫も羽化した成虫が交尾のための群飛を行う。ユスリカなどの蚊柱(かばしら)も交尾のための群飛の例である。ミツバチでは、女王と多数の働きバチが新女王のいる元のコロニーから分かれることによってコロニーが増えていく(分封(ぶんぽう)とよばれる)が、これも群飛の一種である。中国に分布するワタリバッタは大発生の際に大集団で長距離を移動し、農作物に大被害を与える。これは飛蝗(ひこう)とよばれ、移動のための群飛の例である。[喜多 実]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐん‐ひ【群飛】
〘名〙 (「ぐんぴ」とも) 昆虫やなどが多数群れをなして飛ぶこと。イナゴバッタなどの大発生後や、シロアリ、蚊などの生殖期に、またミツバチの分封の際などにみられる。〔日葡辞書(1603‐04)〕〔潘岳‐射雉賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むれ‐と・ぶ【群飛】
〘自バ五(四)〙 鳥などがむらがって飛ぶ。
名語記(1275)三「むれとぶ心なるべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

群飛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

群飛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.