Rakuten infoseek

辞書

群青色【ぐんじょういろ】

色名がわかる辞典

ぐんじょういろ【群青色】
色名の一つ。JISの色彩規格では「こいみの」としている。一般に、鉱物性の青色顔料である群青で描いた色、または群青のような鮮やかな青色のこと。群青の原料となる鉱物はてんらんせきとよばれ、古くから貴重な鉱物として知られていた。そのため至上の存在を描くのに用いられたという。群青は光、熱、アルカリに強く、酸に弱いという性質をもち、絵の具、水性塗料、印刷インキなどに使用される。19世紀からは天藍石を用いず、人工的に似た色を作れるようになった。また印刷で同じ青系統のあい紺色を表現するときは黒のインクを混ぜるが、群青色には入らない。それだけ明るくさわやかな色をさす。群青色の空、群青色の海といったときは澄み切った晴れのイメージ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぐんじょう‐いろ〔グンジヤウ‐〕【群青色】
鮮やかな藍がかった青色。ぐんじょう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぐんじょういろ【群青色】
鮮やかな藍青色らんせいしよく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐんじょう‐いろ グンジャウ‥【群青色】
〘名〙 群青①のようにあざやかで美しい藍青色。ぐんじょう。
※錦木(1901)〈柳川春葉〉一「丁度十月も末の事で、菊日和の暖さが続く、空は群青色(グンジャウイロ)に澄み渡るなかへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

群青色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

群青色の関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISX0208JISJISX0213JIS漢字水準旧JIS洗濯表示JIS X0221

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.