Rakuten infoseek

辞書

美的感情【びてきかんじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

美的感情
びてきかんじょう
ästhetisches Gefühl
美意識あるいは美的体験における感情のことをいい,立場によって説が分れる。感情移入美学は美意識の構造を感情移入の原理で解明するが,大別すると,現実感情説,感情表象説,および両者の総合の立場に区別される。現実感情説は,感情移入の過程が現実的感情にあると主張するもので,K.グロース,T.リップスに代表される。感情表象説は感情移入過程の直接性を否定し,感情移入過程が感情の表象にあるとするもので,S.ウィタセクらに代表される。 J.フォルケルトは基本的には感情表象説の立場をとるが,感情移入過程の発展段階として「主観的に強調された感情移入」を認め,両者の総合ともいうべき立場をとっている。新カント学派美学者 H.コーエンは,カント美学の解釈を試みつつ,カントの方法論を発展させて,純粋感情の美学を提唱した。彼によれば,純粋感情は,不快の感情でも,感覚感情でもなく,意識の根源からの純粋生産の方式であるとされた。現象学の美学では,これも立場により説が分れるが,たとえば R.オーデブレヒトは総体感情 (気分) の観点から美的感情の問題を取上げている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

びてきかんじょう【美的感情】
美的なものを体験する際に生起する感情。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びてき‐かんじょう ‥カンジャウ【美的感情】
〘名〙 美意識における感情。人が対象に美的に反応した時、美的直観によってそれを観照するのに対し、内発的に触発されて起こる心の動き。
※病牀譫語(1899)〈正岡子規〉三「美育は美的感情を発達せしむるなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美的感情」の用語解説はコトバンクが提供しています。

美的感情の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.