Rakuten infoseek

辞書

美濃路【みのじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

美濃路
みのじ
東海道の熱田中山道垂井を結ぶ道路。名古屋市熱田区の宮の宿で東海道と分岐し,清州,稲葉 (稲沢市) ,萩原 (一宮市) , (おこし尾西市) ,墨俣 (すのまた。岐阜県) ,大垣 (岐阜県) の各宿を経て,中山道の垂井の宿に達する 14里 24町 (57.5km) の脇街道。東海道には宮の宿から桑名までの海上七里の渡しがあったが,船旅を嫌う人々や子供,または大部隊の行列 (参勤交替,琉球王使,朝鮮来聘使など) は,平坦地で距離的にも近い美濃路を利用したため本街道以上ににぎわった。徳川家康凱旋と天下統一にちなんで吉例街道ともいわれ,また東海道美濃路回り,中山道尾張回りとも呼ばれた。美濃街道とも表記し,また別名に近江路,起街道,墨俣街道があった。本街道並みに松並木,一里塚宿駅制度が設けられ,いまも尾西市富田の一里塚や萩原,起などの町並みに宿場面影を残している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みのじ【美濃路】
江戸時代,中山道の脇往還として道中奉行支配下に置かれていた街道。中山道垂井(たるい)宿から分岐して2里半6町で大垣宿,揖斐(いび)川の船渡しを経て2里50間で墨俣(すのまた)宿,長良川と木曾川の船渡しを経て(おこし)宿へ2里17町25間,1里を経て萩原宿,1里半で稲葉宿,さらに1里半で清洲(きよす)宿,2里を経て名古屋宿,ここから東海道宮宿(熱田)へ1里半の7ヵ宿が美濃路の宿駅である。朝鮮通信使琉球使節茶壺道中などのほか,近世初頭には将軍の上洛のさい多くはこの道を通り,重要路の一つであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

美濃路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

美濃路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.