Rakuten infoseek

辞書

美人局【ツツモタセ】

デジタル大辞泉

つつ‐もたせ【美局】
夫婦または内縁男女共謀して、女が他の男と密通し、それを言いがかりとしてその男から金銭などをゆすり取ること。なれあい間男。
[補説]もと博徒(ばくと)の語「持たせ」からきたものという。「」のは、中国の「武林旧事」游手にあるのを当てたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つつもたせ【美人局】
男が妻や情婦にほかの男を誘惑させ、それを種に相手の男から金品をゆすりとること。なれあい間男。 もと博徒の語で、筒持たせの意かという。美人局の字は武林旧事などに見え、中国、元の頃、娼妓を妻妾と偽って少年などを欺いた犯罪をいったのにはじまる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

美人局
つつもたせ
男女が共謀して、女が他の男を誘惑したところへ男が現れて金銭を強要する行為、およびそれを行う者。初めは「筒もたせ」と書かれ博奕(ばくち)用語からの転用とみられるが、不詳。渡される金は慰謝料でなく示談金で、姦通(かんつう)が重罪であった時代の社会規範を利用した詐欺行為の一種だが、最近は恐喝(きょうかつ)罪に近いものが多い。ときに仲裁人を装う第三者の人物が加わることもある。[原島陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つつも【美人局】
〘名〙 「つつもたせ(美人局)」の略。
※浄瑠璃・三拾石艠始(1792)四「南無三さふいふ筒もとは夢にもしらず、既の事に縫之助、密夫の悪名を請ふとした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つつ‐もたせ【美人局】
〘名〙 (もと博徒(ばくと)の語で「筒持たせ」の意か)
① にせ物をつかませて、詐欺をすること。いんちきをすること。
※塵芥集‐蔵方之掟(1533)「つつもたせ之儀有之者、蔵方之誤有間敷也、申かけたる輩を可御成敗事」
② 女が自分の夫や情夫と共謀して、他の男を姦通に誘い、あわや、というときに共謀の男があらわれて、それを種にその男から金銭などをゆすり取ること。なれあいまおとこ。
※信長公記(1598)一四「ならび蜂屋の郷に八と申す者、つつもたせを仕り、彼寺へ若き女をしたて、雨中日の暮に走りこませ」
[補注]「美人局」の文字は、中国の元の頃、娼妓を妻妾と偽って少年などを欺いたことをいう、と「武林旧事」にあるのによったもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美人局」の用語解説はコトバンクが提供しています。

美人局の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.