Rakuten infoseek

辞書

羌活【きょうかつ】

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

きょうかつ【羌活】
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。セリ科シシウド根茎(こんけい)を乾燥させたもの。解熱鎮痛抗菌などの作用がある。頭痛血の道(みち)症に効く川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)関節リウマチ神経痛に効く大防風湯(だいぼうふうとう)などに含まれる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐かつ キャウクヮツ【羌活】
〘名〙 ウドの若根。薬として用いられた。
※伊京集(室町)「羗活 キャウクヮツ 薬」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羌活」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羌活の関連情報

他サービスで検索

「羌活」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.