Rakuten infoseek

辞書

【ヒツジ】

デジタル大辞泉

ひつじ【羊】
偶蹄(ぐうてい)目ウシ科ヒツジ属などの哺乳類の総称。中形で、毛は柔らかく、角は大きくて渦巻き状。主に地上の草をかみ切って食べ、群れで暮らす。地中海沿岸から中央アジア、北アメリカ西部の山岳地帯に分布し、ムフロンアルガリビッグホーンなどが含まれる。家畜化の歴史は古く、西アジアで主にムフロンより馴化(じゅんか)・改良された。羊毛用のほか毛皮用・肉用もあり、乳・脂肪も利用され、品種にはコリデールメリノ寒羊(かんよう)などがある。緬羊(めんよう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう【羊】[漢字項目]
[音]ヨウ(ヤウ)(呉)(漢) [訓]ひつじ
学習漢字]3年
〈ヨウ〉動物の名。ヒツジ。「羊腸羊皮羊毛羊頭狗肉(ようとうくにく)餼羊(きよう)亡羊牧羊綿羊羚羊(れいよう)
〈ひつじ〉「小羊牡羊座
[難読]羚羊(かもしか)羊歯(しだ)山羊(やぎ)野羊(やぎ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひつじ【羊】
偶蹄目ウシ科の哺乳類。ヤギに似るが、角は渦巻形。角のないものもある。細く柔らかいちぢれた毛が全身に密生する。性質は温和で、常に群れをつくる。草食性。毛(羊毛)・毛皮・肉・乳を利用するため、古くから世界各地で飼われる。メリノ・コリデール・カラクールなど品種が多い。緬羊めんよう
[句項目] 羊の歩み

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

羊 (ヒツジ)
動物。ヒツジ属の動物の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひつじ【羊】
[1] 〘名〙
① ウシ科の哺乳類。ヤギに近縁で、多くはうず巻き状の角をもつ。体には柔らかくて長い巻き毛が密生。約一万年前に中近東で、野生種ムフロンを原種として家畜化されたとされる。毛は羊毛と呼ばれ毛織物の原料になるほか、肉・乳・皮も利用される。草食性で、性質はおとなしく群をなしてすむ。品種が多く、メリノ種などの毛用のほか肉用、毛肉兼用、乳用などに分けられる。世界各地で飼育され、特にオーストラリア、南アメリカなどに多い。日本でも明治以後に飼育が始められた。めんよう。
※書紀(720)推古七年九月「百済、駱駝一匹・驢一匹・羊二頭・白雉一隻を貢れり」
② (①は紙を好んで食うところから) 紙のこと。また、紙製品、紙幣などのこと。
※洒落本・通人三国師(1781)発端「ここにはなし地の硯箱(といひながらおろして)ときにひつじは中橋かね」
③ (紙(かみ)を同音の髪(かみ)に通わせて) 髪結いまたは髪結床のことをいう。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「『かみゐどん』とは髪結殿の訛れるにて、これをしも『ひつじ』と呼るを、羊(ヒツジ)のかみをすくといふより、称へ来るとおぼえたるは」
[2] 謡曲。唐土の桂陽国王秘蔵の羊を盗んだこうしょう夫婦を、子のこうはくが、帝に訴え出て、その功として両親の助命をこい、許される。廃曲。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羊の関連情報

他サービスで検索

「羊」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.