Rakuten infoseek

辞書

【ら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


薄い網目状の織物一種薄物薄絹ともいう。経糸を互いにからみ合せ,その間に緯糸を通す織物で,振綜 (ふるえ) という装置を用い,生糸または半練り糸をもって織る。中国,漢代に複雑な羅が織られていたことが,陽高県漢墓の出土品などから知られる。日本には4世紀前半頃初めて伝わり,中宮寺の『天寿国繍帳』の下地にも用いられている。奈良時代には盛んに製作されたが,鎌倉時代以降は衰えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ら【羅】
絡(から)み織りの一種。網目のように織られた薄地の絹の織物。うすもの

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ら【羅】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]うすぎぬ
鳥を捕らえる網。網にかけて捕らえる。「雀羅(じゃくら)網羅爬羅剔抉(はらてっけつ)
網の目のように並べ連ねる。並ぶ。「羅列森羅万象
うすぎぬ。「羅衣綺羅(きら)軽羅綾羅(りょうら)一張羅
梵語・外国語の音訳字。「羅宇(ラウ・ラオ)羅漢羅紗(ラシャ)羅甸(ラテン)伽羅(きゃら)修羅(しゅら)魔羅金毘羅(こんぴら)曼陀羅(まんだら)
[難読]呉羅(ゴロ)新羅(しらぎ)遍羅(べら)羅馬尼亜(ルーマニア)羅馬(ローマ)羅府(ロサンゼルス)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ら【羅】
(しや)をさらに複雑化した綟(もじ)り織の一種。経糸4本を組織単位とし,地緯(じぬき)1越しごとに1本の経糸が左右の経糸と搦(から)みあって組織される薄い網目状の織物。宇須波多(うすはた),宇須毛乃(うすもの),阿幾豆志(あきつし)ともいう。籠目状の粗い組織と,網状の細かい組織とがあり,文様を織り出した紋羅は,この2種の組合せによってつくられる。羅は絹織物の盛んな中国に発達し,その影響下にある朝鮮,日本でも織製されたが,ヨーロッパはじめ他の諸国にはこの種の織物は認められない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ら【羅】
薄く織った絹布の総称。うすぎぬ。うすもの。
からみ織りの技法を用いて織った目の粗い絹織物。
陰茎。魔羅まら

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ら【羅】
〘名〙
① 薄く織った絹布総称。うすもの。うすぎぬ。
② 経(たていと)を隣接の経とからませながら緯(よこいと)に交互に通していく目の粗い絹の織物。
※続日本紀‐霊亀二年(716)一〇月壬戌「重禁〈略〉六位以下羅幞頭
③ 鳥を捕える網。とりあみ。〔爾雅‐釈器〕
陰茎。魔羅(まら)
※皇帝紀抄(1232‐42頃)「土御門院〈略〉搦取上人等、或被羅、或被其身

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羅の関連情報

他サービスで検索

「羅」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.