Rakuten infoseek

辞書

羅針【らしん】

大辞林 第三版

らしん【羅針】
磁針じしんに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ら‐しん【羅針】
〘名〙
① 細長い鋼で造った磁石。針先などで、その中央部を支え、水平面内を自由に動くことのできるようにしたもの。ほぼ南北をさして静止するところから、方位を知るのに用いる。磁石針。
※颶風新話(航海夜話)(1857)初「今ここで其事が、羅針と其誤指(ふり)と磁石力のウェットといふものじゃ」
② (比喩的に) 物事をすすめるべき道を示すもの。指針。
※国会論(1888)〈中江兆民〉「此人や必らず旧来の典章並に施政の羅針(ラシン)を執守して動かさざるべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ら‐しん【羅針】
磁針

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羅針」の用語解説はコトバンクが提供しています。

羅針の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.