Rakuten infoseek

辞書

置屋【オキヤ】

デジタル大辞泉

おき‐や【置屋】
芸者や遊女を抱えている家。料亭・待合・茶屋などの客の求めに応じて芸者や遊女を差し向ける。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おきや【置屋】
遊女,芸者などを抱え,あるいは居住させる業態の家。遊郭における揚屋(あげや)に対し,遊女を送り込む側を置屋と称したものであろう。女郎屋を〈おきや〉と呼んだ古い例として《瓢金窟》(1747)が挙げられるが,同じ性格であるため芸者屋も置屋と呼ぶことがあった。正確には女郎置屋や芸者置屋であるが,俗語としては単に置屋で通用した。置屋は遊女や芸者を居住させるだけで,客をあげて遊興させないことが原則であり,この意味で吉原の女郎屋には置屋の別称は生じなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おきや【置屋】
芸者や遊女などを抱えていて、求めに応じて茶屋・料亭などに差し向けることを業とする店。 → 揚屋あげや

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

置屋
おきや
遊女や芸妓(げいぎ)を抱えている家。遊女と遊興する揚屋(あげや)に対して、遊女を置いておく家という意味で、遊女屋を置家と別称するようになった。したがって、置屋へ客をあげることは違法であるが、厳密に守られたわけではない。女性を置かずに遊興の場所を提供するだけの家に対し、なんらかの形式で女性を置く家を置屋とよんでいた。明治維新後の遊廓(ゆうかく)制度では遊女屋を貸座敷と公称したが、俗称としては置屋も使われていた。しかし、芸者屋、子供屋とよばれていたものを芸妓置屋と改めたので、置屋はその略称として使用されることが多い。関西では芸妓の住居を家形(やかた)と俗称したが、土地によっては置屋と混同している。[原島陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おき‐や【置屋】
〘名〙 遊女、芸者などを抱えておいて、揚げ屋、茶屋、呼び屋などの注文に応じ、女をさしむけることを業とする家。芸妓屋。席(せき)
※洒落本・月花余情(1746)江南妓邑記「凡畜妓家、曰置屋(ヲキヤ)、妓在置屋客、客来酒楼、則使人至置屋上レ妓」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

置屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

置屋の関連情報

他サービスで検索

「置屋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.