Rakuten infoseek

辞書

繻子織【シュスオリ】

デジタル大辞泉

しゅす‐おり【×繻子織(り)】
縦糸と横糸とが交差する点が連続することなく、縦糸または横糸だけが表に現れるような織り方。また、その織物。一般に縦糸の浮きが多く、斜文織りよりさらに光沢がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅす‐おり【繻子織】
〘名〙 組織点が綾織のように連続せず、一定間隔で均等に配置された組織の織物。経(たていと)を多く浮かせた経繻子と緯(よこいと)を多く浮かせた緯繻子とがある。平織・綾織とともに、織物の三原組織に数えられる。平織・綾織に比べて、組織の表面が滑らかで光沢があるが、浮き糸が多いため、織物としての耐久力は弱い。→繻子

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

繻子織
しゅすおり

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

繻子織」の用語解説はコトバンクが提供しています。

繻子織の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.