Rakuten infoseek

辞書

繰返開花婦見月【くりかえすかいかのふみづき】

精選版 日本国語大辞典

くりかえすかいかのふみづき くりかへすカイクヮのふみづき【繰返開花婦見月】
歌舞伎脚本。世話物。三幕。河竹黙阿彌作。明治七年(一八七四)東京守田座初演。盲目の米屋、舌がもつれて口がきけない牛肉屋、耳のきこえない西洋床屋の三人がからみ合う散切(ざんぎり)物の喜劇。通称「三人片輪」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

繰返開花婦見月
(別題)
くりかえす かいかのふみずき
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
操辺開花帰見月
初演
明治7.7(東京・守田座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

繰返開花婦見月」の用語解説はコトバンクが提供しています。

繰返開花婦見月の関連情報

他サービスで検索

「繰返開花婦見月」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.