Rakuten infoseek

辞書

織田純一郎【おだ じゅんいちろう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

織田純一郎 おだ-じゅんいちろう
1851-1919 明治時代のジャーナリスト,翻訳家。
嘉永(かえい)4年5月22日生まれ。イギリスに留学。帰国後の明治11年翻訳したリットンの「欧州奇事花柳春話」がベストセラーとなる。18年大阪朝日新聞主筆。のち陸奥宗光の「寸鉄」,板垣退助らの「社会新報」の主筆をつとめた。大正8年2月3日死去。69歳。京都出身。本姓は大塚。旧姓丹羽。著作に「通俗日本民権真論」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉

おだ‐じゅんいちろう〔‐ジユンイチラウ〕【織田純一郎】
[1851~1919]翻訳家・批評家。京都の生まれ。旧姓、丹羽(にわ)。英国に留学して法律を修めた。帰国後、翻訳小説花柳春話」で名声を得る。のち「大阪朝日新聞」などの主筆としても活動。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おだじゅんいちろう【織田純一郎】
1851~1919) 翻訳家・評論家。京都生まれ。「花柳春話」を訳刊、「日本民権真論」などで政治評論を展開。「大阪朝日新聞」「寸鉄」主筆として活躍。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

織田純一郎
おだじゅんいちろう
(1851―1919)
翻訳家、批評家。京都で若松備前守永福(びぜんのかみながとみ)の次男として生まれた。幼名甲(幸)之助。諱(いみな)は正義。幼くして丹羽正庸(にわまさつね)の養子となり、純一郎と改名。1869年(明治2)昌平黌(しょうへいこう)に入るがまもなく高知の致遠館に転じ洋学を修めた。70年アメリカ経由でイギリスに渡りエジンバラ大学に学び、74年7月一時帰国し、三条公恭と再度渡英、法律を修めた。77年冬帰国、79年曽祖母(そうそぼ)方の織田姓を名のる。78年4月リットンの小説による『欧州奇事花柳春話』で翻訳文学に新紀元を開く。『通俗日本民権真論』(1879)など外国体験に根ざす政治評論にも筆を振るう。[富田 仁]
『柳田泉著『明治初期翻訳文学の研究』(1959・春秋社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

織田純一郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

織田純一郎の関連情報

関連キーワード

フォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチノベリ

他サービスで検索

「織田純一郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.