Rakuten infoseek

辞書

織田信秀【おだのぶひで】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

織田信秀
おだのぶひで
[生]永正7(1510).尾張
[没]天文20(1551).3.3. 尾張,末森
戦国時代の武将清洲の尾張守護代織田大和守家の庶流で,三奉行の一人。初め弾正忠,のち備後守。信定の子で,信長の父。勝幡城を居城とし,次第に勢力を広げ織田一族中最強となった。今川義元や斎藤道三とも戦ったが道三とは和約し,信長に道三の娘をめとらせた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おだ‐のぶひで【織田信秀】
[1508~1551]戦国時代の武将。尾張の人。信長の父。今川義元斎藤道三対立。のち、斎藤氏と和睦(わぼく)して道三の娘を信長の妻とした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

織田信秀 おだ-のぶひで
1511-1551 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)8年生まれ。織田信定の子。織田信長の父。尾張(おわり)(愛知県)清洲(きよす)城主織田家三奉行のひとり。天文(てんぶん)7年ごろ今川氏豊那古野(なごや)城から追放するなど,尾張で勢力をふるう。16年美濃(みの)(岐阜県)の斎藤道三に敗れ,道三の娘濃姫を信長と結婚させ和議をむすんだ。天文20年3月3日死去。41歳。没年には天文18年,21年説もある。通称は三郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おだのぶひで【織田信秀】
1510‐51(永正7‐天文20)
戦国時代の武将。弾正忠信貞(定)の子。はじめ弾正忠,晩年は備後守と称する。その家は尾張清須に居した織田大和守家の庶流で,三奉行の一員。はじめ海東郡勝幡(しよばた)城,のち那古屋城に移り,さらに1534年熱田の北の古渡に城を築く。42年今川氏と三河小豆坂に戦って勝ち,48年には美濃の斎藤道三の女濃姫を子信長にめとって和議を結ぶなど,その勢力は隣国にまで及んだ。1543年には禁裏築地修理料4000貫文を献上

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おだのぶひで【織田信秀】
1510~1551 戦国時代の武将。信長の父。尾張守護代清洲織田家三奉行の一人。今川義元・斎藤道三と対峙。道三の娘を信長にめとり、和睦。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

織田信秀
おだのぶひで
(1508―1551)
戦国時代の武将。尾張(おわり)国(愛知県)の出身。信定(のぶさだ)の子、信長(のぶなが)の父。初め弾正忠(だんじょうのちゅう)と称し、のち備後守(びんごのかみ)に改める。尾張国守護代である清洲(きよす)の織田大和守敏定(やまとのかみとしさだ)の三奉行(ぶぎょう)の一人で、初め勝幡(しょばた)城にいた。当時織田氏は、清洲の守護代家と岩倉城の織田伊勢守(いせのかみ)が互いに尾張半国を支配し勢力を競っていた。その間に三奉行の力が強くなり、信秀はやがて主家をしのぎ、居城を那古野(なごや)、古渡(ふるわたり)、末森(すえもり)へと移しながら、しだいに勢力を伸張させていった。1542年(天文11)駿河(するが)の今川義元(よしもと)と小豆坂(あずきざか)で戦い、さらに美濃(みの)の斎藤道三(どうさん)と戦い、両勢力の尾張進出の阻止を図った。しかし、44年には斎藤氏に大敗を喫し敗走するが、やがて子信長に道三の娘濃姫(のうひめ)を娶(めと)って和睦(わぼく)している。このように信秀は国外の敵とは活発に戦ったが、国内勢力の完全打倒はできなかった。だが信長の雄飛の基礎を築いたといえる。また伝統と権威を重んじ、伊勢外宮(げくう)に銭700貫、禁裏築地(きんりついじ)修理料として4000貫を献上するなど中央権力へも積極的に接近し、これにより後奈良(ごなら)天皇より綸旨(りんじ)と『古今集』が下賜された。天文(てんぶん)20年3月3日末森城で没した。法名桃厳道見、墓は万松寺(ばんしょうじ)(名古屋市中区)にある。没年については天文18年、同21年説もある。[橋詰 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おだ‐のぶひで【織田信秀】
戦国大名。信長の父。尾張守護代清洲織田氏の三家老の一人。尾張国内に勢力を得て、信長の勢力拡大の基を固めた。永正八~天文二一年(一五一一‐五二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

織田信秀
おだのぶひで
1510〜51
戦国時代の武将
信長の父。清洲織田家の三奉行の一人で,しだいに勢力を得て一族中の最強となった。1542年今川義元を三河に破り,美濃の斎藤道三と戦い,のち信長と道三の娘濃姫を婚約させて和睦。三河松平氏を抑え,織田氏発展の基礎を築いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

織田信秀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

織田信秀の関連情報

関連キーワード

スペイン音楽劉瑾アルブレヒト[プロシア公]兼載コルナロ劉瑾三浦の乱潟湖シャイバーニ=ハンレクサス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.