Rakuten infoseek

辞書

繊維板【せんいばん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

繊維板
せんいばん
fibreboard
廃材チップ,おが屑,竹笹など植物繊維を主原料とし,結合剤として水溶性フェノール樹脂などを用いて成型した板。比較的比重の軽いものを軟質繊維板またはインシュレーションボード,やや硬いものをセミハードボード,硬いものを硬質繊維板またはハードボードという。前2者は壁板,天井板などに使われることが多いのでウォールボードとも呼ばれる。比重はインシュレーションボード 0.4未満,セミハードボード 0.4~0.8,硬質繊維板 0.8以上である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんい‐ばん〔センヰ‐〕【繊維板】
木材・竹・わら・パルプなどの植物繊維を圧縮成形して作った板。軟質板は断熱吸音材に、硬質板は壁パネル外装に用いる。ファイバーボード

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんいばん【繊維板】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんいばん【繊維板】
繊維を加熱圧縮してつくった板。ファイバーボード。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

繊維板
せんいばん
fiber board
木材や藁(わら)などの植物繊維を成形熱圧または抄造乾燥した板材で、ファイバーボードと総称される。その比重によって0.4以下の軟質繊維板(インシュレーションボード)、0.4~0.8の半硬質繊維板(セミハードボード)と0.8以上の硬質繊維板(ハードボード)に区分され、強さ、熱伝導率、吸音率などが異なるので、それぞれ用途が異なる。軟質繊維板はアメリカで1914年におこり、日本には26年(大正15)ごろに輸入され、テックスという商品名で一般化した。その後、比重が高く、強度の増した半硬質・硬質繊維板へと発達してきた。建築材料として軟質のものは軽量で断熱性、吸音性、調湿性に優れているので天井や内装壁材、断熱材に、最近では畳床、さらに外壁の下地として耐水性を増すためにアスファルトを含浸させたシージングボードなど用途はきわめて広い。硬質繊維板は強度の向上を図ったもので、厚さは5~7ミリメートルが一般的であり、内壁下地、仕上げ材、外装用のサイディングボードなどのほか、家具、弱電製品、自動車などの下地素材、成型材として利用も多い。繊維板はかつては耐水性にやや劣ったが、オイルテンパー処理や表面処理によって最近では耐候性、耐久性も高いという評価も得ている。半硬質繊維板は適度な軽さ、強さ、加工性のよさ、比較的厚手のものが得られる製造技術が発達し、MDF(中比重繊維板)の名で家具などに用いられるようになってきた。[有馬孝

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんい‐ばん センヰ‥【繊維板】
〘名〙 木材、藁(わら)などの植物繊維を圧縮成形して作った板の総称。軟質、半硬質、硬質のものがあり、吸音・断熱性があるので建築物などの内装に用いられる。ファイバーボード。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

繊維板」の用語解説はコトバンクが提供しています。

繊維板の関連情報

他サービスで検索

「繊維板」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.