Rakuten infoseek

辞書

【セキ】

デジタル大辞泉

せき【績】[漢字項目]
[音]セキ(漢) [訓]うむ つむぐ
学習漢字]5年
繊維をより合わせて糸をつくる。「紡績
積み重ねた仕事やその結果。「業績功績事績実績成績戦績治績
[名のり]いさ・いさお・さね・つみ・なり・のり・もり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

う・む【績】
〘他マ四〙 麻または(お)などの茎の皮を細く裂いたものを、長くより合わせて糸に作る。
※万葉(8C後)一四・三四八四「麻苧(あさを)らを麻笥(をけ)にふすさに宇麻(ウマ)ずとも明日(あす)着せさめやいざせ小床(をどこ)に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき【績】
〘名〙
① 物事をうまくなしとげるわざ。また、その結果。いさお。いさおし。功績。
※大唐西域記長寛元年点(1163)一「武功の績(セキ)を賛すれば、諷(そへて)りて口実に成り」 〔書経‐舜典〕
② まゆ、綿、麻などから糸をつむぐこと。紡績。〔古列女伝‐母儀伝・魯季敬姜〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

績の関連情報

他サービスで検索

「績」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.