Rakuten infoseek

辞書

縮瞳【しゅくどう】

大辞林 第三版

しゅくどう【縮瞳】
瞳孔がちぢむこと。また、そのような状態。 ⇔ 散瞳

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅく‐どう【縮瞳】
瞳孔が収縮した状態。生理的には明るい所で起こり、病的には瞳孔散大筋麻痺(まひ)などで起こる。⇔散瞳

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅくどう【縮瞳】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

縮瞳
しゅくどう
瞳孔が縮小した状態をいう。瞳孔は、光線が眼内に入ったとき、近くにピントをあわせるとき、睡眠中や瞼(まぶた)を閉じたときに縮瞳する。病的には瞳孔括約筋のけいれんや散大筋の麻痺(まひ)で縮瞳がおこる。前者のけいれんによる縮瞳のほうが強い。実際にはモルヒネ中毒や交感神経麻痺、ホルネル症候群(瞳孔の縮小、眼瞼(がんけん)の狭小、眼球の後退を三主徴とする症候群)、虹彩(こうさい)毛様体炎などで縮瞳する。なお、縮瞳薬は、診断や治療に用いるほか、眼圧下降作用もあるので、広く緑内障の治療にも点眼で用いられる。また、乳幼児の調節性内斜視に用いることもある。[小暮美津子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅく‐どう【縮瞳】
〘名〙 孔が収縮した状態。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縮瞳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

縮瞳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.