Rakuten infoseek

辞書

縫糸【ぬいいと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

縫糸
ぬいいと
sewing thread
裁縫用に使われるで,手縫糸とミシン糸 (カタン糸 ) とに分れる。素材は綿,絹,麻,合成繊維などで,良質の単糸を2本以上そろえてより合せた合撚 (ごうねん) 糸が普通。強く,均整で節やむらのないのが必要な条件となる。麻糸は靴,畳などに使われるほかは用途は少い。ミシン糸は手縫糸の場合よりも針穴を摩擦しながら比較的高速に通り抜けるため,磨き処理をして表面を平滑にし,摩擦や発熱に耐えるようにするほか,耐熱性の素材を選ぶ必要がある。カタン糸は主としてエジプト綿を素材にしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぬい‐いと〔ぬひ‐〕【縫(い)糸】
裁縫用の糸。用途により手縫い糸・ミシン糸・しつけ糸などがあり、素材により木綿糸絹糸・化繊糸などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぬいいと【縫糸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ぬい‐いと ぬひ‥【縫糸】
〘名〙 布を縫うのに用いる糸。裁縫用の糸。絹糸、もめん糸、カタン糸、ガス糸などがある。
※評判記・色道大鏡(1678)二「縫糸(ヌヒイト)は地にしたがひて用ゆ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縫糸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

縫糸の関連情報

他サービスで検索

「縫糸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.