Rakuten infoseek

辞書

縦〔縱〕【ジュウ】

デジタル大辞泉

じゅう【縦〔縱〕】[漢字項目]
[音]ジュウ(慣) ショウ(漢) [訓]たて ほしいまま たとい よしや
学習漢字]6年
〈ジュウ〉
たて。「縦横縦走縦断
思う存分にする。ほしいまま。「縦覧操縦放縦
〈ショウ〉ほしいまま。「放縦
〈たて〉「縦軸縦笛
[名のり]なお
[難読]縦令(たとい・たとえ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たて【縦/経/×竪】
上下の方向。また、その長さ。「首を―に振る」「―書き」⇔
前後の方向。また、その長さ。「―に一列に並ぶ」⇔
立体や平面のいちばん長い方向。「布を―に裂く」⇔
南北の方向。「大陸を―に貫く大河」⇔
身分・階級・年齢などによる、人間の上下の関係。「―社会」⇔
織物の縦糸。⇔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほしい‐まま【縦/恣/×擅】
[形動][文][ナリ]《「ほしきまま」の音変化》思いのままに振る舞うさま。自分のしたいようにするさま。「権力を―にする」「―な空想にひたる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほしき‐まま【縦/恣/×擅】
[形動ナリ]ほしいまま」に同じ。
「巧みにして―なるは失のもとなり」〈徒然・一八七〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よし【縦】
[副]《形容詞「よし」から。「可(よ)し」と仮に許す意》
(仮定の表現を伴って)仮に。たとえ。よしんば。万一。
「―解った処が仕様の無い話で」〈小杉天外・はやり唄〉
満足ではないがやむをえないとするさま。ままよ。
「人皆は萩を秋と言ふ―我は尾花が末(うれ)を秋とは言はむ」〈・二一一〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

よし【縦】
( 副 )
〔「可し」と仮に許す意〕
(下に仮定の言い方を伴う)好ましくないことであっても…だ、の意を表す。たとえ。かりに。万一。 「 -命を失おうとも悔いはしない」 「 -其れが出来難いにせよ/武蔵野 独歩
不満足だがまあしかたがない、それはそれでまあいい、などの気持ちを表す。ままよ。 「人皆は萩を秋と言ふ-我は尾花が末うれを秋とは言はむ/万葉集 2110
[句項目] 縦さらば

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅう【縦】
〘名〙
① たて。⇔横。〔東方朔‐七諫・沈江〕
南北の方角。〔淮南子‐覧冥訓〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たた【縦】
〘名〙 他のと複合して「たて(縦)」のを表わす。「たたさ」「たたさま」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たつ【縦】
〘名〙 =たて(縦)
宗長手記(1522‐27)下「本城の岸、谷の底までたつに堀つづけ、あしをとどむべきやうもなし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よし【縦】
〘副〙 (形容詞「よし」から。「可(よ)し」と仮に許す意)
① 満足ではないが、仕方がないとして放任・許容するさま。まあいい。ままよ。
※万葉(8C後)一〇・二一一〇「人皆は萩を秋と云ふ縦(よし)吾れは尾花が末(うれ)を秋とは言はむ」
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)一「勅諚なれば姫宮もよし力なし去ながら、心に染まぬ妻定め左右なう引べき様はなし」
② (多く下に逆接の仮定条件を表わす語を伴って) たとい。かりに。万一。よしんば。
※万葉(8C後)二・一四九「人は縦(よし)思ひ止むとも玉かづら影に見えつつ忘らえぬかも」
※謡曲・吉野静(1423頃)「思へば涙み吉野の、よし逃がれずと君をだに、落とし申さばそれまでぞと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縦〔縱〕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

縦〔縱〕の関連情報

他サービスで検索

「縦〔縱〕」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.