Rakuten infoseek

辞書

縦走【じゅうそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

縦走
じゅうそう
尾根歩き。山系尾根筋にある山道をたどりながらいくつかの頂上を連続してきわめる登山形式で,最も一般的かつ基礎的な方法。しかし,道のないところでは不規則な上下や藪や岩場がれなど変化のある地形を克服しなければならず,体力的にも決して容易ではない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅう‐そう【縦走】
[名](スル)
縦または南北に貫き通って連なること。「半島を縦走する道路」
登山で、尾根伝いにいくつかの山頂を通って歩くこと。「北アルプスを縦走する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゅうそう【縦走】
( 名 ) スル
縦方向に連なること。
登山で、尾根伝いにいくつかの山頂をきわめ歩くこと。 「奥秩父を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅう‐そう【縦走】
〘名〙
に貫くこと。特に、山脈などが、縦に長く連なっていること。
※日本昆虫学(1898)〈松村松年〉昆虫内部の構造「血管組織〈略〉躰背部の中央に縦せる長管あり」
※野火(1951)〈大岡昇平〉二三「道はレイテ島を縦走する脊梁山脈の西の山際に沿ってゐた」
② 登山で、尾根づたいに歩き、多くの山頂を踏んでいくこと。縦断。〔現代術語辞典(1931)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縦走」の用語解説はコトバンクが提供しています。

縦走の関連情報

他サービスで検索

「縦走」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.