Rakuten infoseek

辞書

縦・竪・経【たて】

大辞林 第三版

たて【縦・竪・経】
(水平に対して)上下の方向。垂直の方向。また、その長さ。 「 -長」
(左右に対して)前後への方向。また、その長さ。 「 -に並ぶ」
(細長い物で)長い方向。 「 -に線を引く」 「 -に切る」
(比喩的に)同僚との関係ではなく、上司と部下との関係。 「 -の人間関係」
南北の方向。また、その距離。
たて」に同じ。 「 -もなく緯ぬきも定めず娘子おとめらが織るもみち葉に霜な降りそね/万葉集 1512
▽⇔

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たて【縦・竪・経】
〘名〙
① 上下または前後の方向、長さ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 立体や平面の一番長い方向、長さ。
③ 東。
※万葉(8C後)一・五二「大和の 青香具山は 日の経(たて)の 大き御門に」
④ 南北の方向。また、その距離。
※俳諧・蕪村句集(1784)夏「すずしさや都を豎にながれ川」
⑤ 織物のたていと。
※万葉(8C後)八・一五一二「経(たて)もなく緯(ぬき)も定めずをとめらが織るもみち葉に霜な降りそね」
⑥ 組織や機構において、上下の関係にあること。
※世界平和を主題に(1922)〈千葉亀雄〉「その相愛しようとする意識を遮ぎるところの、横の国家がある。縦の階級がある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縦・竪・経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

縦・竪・経の関連情報

他サービスで検索

「縦・竪・経」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.