Rakuten infoseek

辞書

縁海【えんかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

縁海
えんかい
marginal sea
大洋に隣接し広く開いており,表面ではつながっているが,面下では海嶺によって境されている,なかば閉じた海。大陸縁辺近くに位置し,日本周辺のオホーツク海日本海東シナ海黄海はその例といえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えん‐かい【縁海】
大陸の外縁にあって、列島半島で不完全に外海の大洋から区画されている海。日本海ベーリング海など。付属海一種

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんかい【縁海】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんかい【縁海】
大陸の外縁にあって、半島や島などで囲まれていて、外洋との流通が自由な海。日本海・ベーリング海・黄海・北海など。 → 付属海

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

縁海
えんかい
marginal sea
島・島孤や半島を境として大洋に接し、下が海洋地殻となっている小さな海。縁海と地中海を併せて付属海という。日本海、東シナ海、南シナ海、オホーツク海、ベーリング海、北海、アイルランド海、カリフォルニア湾、バス海峡などである。人間活動の場に近いのでその影響を受けやすく、環境や海中資源や海底資源の面で重要であり、大洋よりも身近な海である。[高野健三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん‐かい【縁海】
〘名〙
① 大陸の外縁にあって、島や半島で不完全に区画された、大陸棚を覆う比較的浅い海。たとえば、オホーツク海、日本海、バルト海、北海など。〔現代語大辞典(1932)〕〔席予‐送張説巡辺詩〕
② 海沿いの土地。
※三代格‐一六・承和一三年(846)一〇月五日「頃年府粮被縁海之国

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縁海」の用語解説はコトバンクが提供しています。

縁海の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.