Rakuten infoseek

辞書

編笠【あみがさ】

世界大百科事典 第2版

あみがさ【編笠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

編笠
あみがさ
イグサ、稲藁(いねわら)、マコモなどの茎を材料にして編んでつくった笠。その形態には、材質、用途によって、円錐(えんすい)形、円錐台形、帽子形、円筒形、漏斗(じょうご)形、二つ折形など6型がある。着用装置は一般に簡単で、紐(ひも)をつけて結ぶだけのものが多い。平安時代に武士が着用した綾(あや)編みで頂部に巾子(こじ)(突起)のある綾藺(あやい)笠、江戸時代に武士のかぶった熊谷(くまがい)笠・十符(とふの)編笠、編目の緻密(ちみつ)な目狭(めせき)笠、深く顔を隠す深編笠、武士の微行用の忍(しのび)笠、半月形に二つ折りにする折編笠、頂辺が山なりになる富士颪(おろし)、一直線をなす一文字(いちもんじ)、前下がりにかぶる伏(ふし)編笠、江戸時代後期、虚無僧(こむそう)の着用した天蓋(てんがい)、霊場巡拝に行者の着装した六部(ろくぶ)笠など、いずれも編笠の類であった。また、貞享(じょうきょう)・元禄(げんろく)年間(1684~1704)ごろには、京都の島原(しまばら)や江戸の吉原(よしわら)など遊女町の入口には茶屋があって、遊客はここで焼印(やきいん)編笠を借り、顔を隠して大門を入ったので、この茶屋を編笠茶屋と称したという。
 編笠は、かつて、北は北海道から南は薩南(さつなん)の島々まで、広く日本全土にわたって分布し、ことに東日本の太平洋側および西日本の日本海側、瀬戸内海側各地に濃密に分布していた。なお、編笠の呼び名としては、材質によりイガサなど、形状によりオリアミガサ、ボッチガサなど、用途によりヒガサなど、用いる人によりセンドウガサ、トリオイガサなど、種々ある。
 編笠は、古くは男女にわたって着用されたが、現在、一般には、女性が農耕、行商、網引きなどの日よけ笠として用い、男性は葬送、祭礼、盆踊りなど特殊の場合にかぶるにすぎない。[宮本瑞夫]
『宮本馨太郎著『民具研究の軌跡』(1977・柏書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あみ‐がさ【編笠】
〘名〙
① 菅(すげ)、藺草(いぐさ)、木の皮、竹の皮などを編んで作った笠の総称。日よけや顔をかくすために男女ともに用いた。台笠、菅笠、藺笠、檜笠(ひのきがさ)、筍笠(たけのこがさ)、熊谷笠その他がある。《季・夏》
※新撰六帖(1244頃)五「ますらをのすげのあみがさ打ちたれてめをもあはせず人の成行く〈藤原家良〉」
② 口造りが編み笠のような形をした茶碗をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

編笠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

編笠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.