Rakuten infoseek

辞書

編入【ヘンニュウ】

デジタル大辞泉

へん‐にゅう〔‐ニフ〕【編入】
[名](スル)すでにできている組織や団体の中に途中から組み入れること。「町が隣の市に編入される」「編入試験」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

編入
他大学から二、三年次に編入試験を受けて転学してくること。外国語、専門科目、面接などの試験があるが、入試よりは楽なため、浪人ではなく編入を狙う学生もおり、編入専門の予備校も存在する。近年、短大生の就職難で、短大卒業後、四年生大学に編入する学生が増えている。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

大辞林 第三版

へんにゅう【編入】
( 名 ) スル
団体や組織などにあとから組み入れること。 「 -試験」 「市に-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へん‐にゅう ‥ニフ【編入】
〘名〙 組み入れること。組・団体などに途中から組み込むこと。また、組み込まれてはいること。
※翁問答(1650)跋「前後改正の篇を編入(ヘンニウ)し」 〔許彦周詩話〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

編入」の用語解説はコトバンクが提供しています。

編入の関連情報

他サービスで検索

「編入」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.