Rakuten infoseek

辞書

線スペクトル【せんスペクトル】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

線スペクトル
せんスペクトル
line spectrum
原子から出る光を分光器波長に分けて観察すると,原子特有のとびとびの波長の位置にスペクトルが現れる。形が分光器の入射スリットの細い線状をしているのでこの名がある。特に発光スペクトルのときには輝線スペクトルともいわれる。原子が連続光を受けて吸収するときの吸収スペクトルも一般に線スペクトルである。原子が光を放出,吸収するのは,原子のエネルギーが変化するときであり,原子はとびとびのエネルギー準位しかとらないから線スペクトルになるのである。それに対して分子や固体,液体のスペクトルは帯スペクトル連続スペクトルが普通である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐スペクトル【線スペクトル】
原子エネルギー準位間の遷移によって放射または吸収されて生じる線状の光のスペクトル。特定の波長の所に現れる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんすぺくとる【線スペクトル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんスペクトル【線スペクトル】
原子のエネルギー準位間の遷移により放射または吸収される光のスペクトル。特定の波長のところに離散的に現れる。放射の場合、特に輝線スペクトルともいう。 → たいスペクトル ・連続スペクトル

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐スペクトル【線スペクトル】
〘名〙 (スペクトルはspectre) 原子の発光する光を分光器を通して観察する場合に現われるとびとびの線状のスペクトル。原子のエネルギー準位がとびとびの値をとることに原因がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

線スペクトル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

線スペクトルの関連情報

他サービスで検索

「線スペクトル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.