Rakuten infoseek

辞書

緒方【おがた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

緒方
おがた
大分県南西部,豊後大野市南西部の旧町域。大野川流域にあり,南で宮崎県に接する。 1950年町制。 1955年長谷川村,上緒方村,小富士村の3村と合体。 2005年朝地町,犬飼町,大野町,三重町,清川村,千歳村と合体し,豊後大野市となる。南部は祖母山,古祖母山からなる急峻な山地で,林業が行なわれ,大野川の支流奥岳川が北流する。北部は大野川およびその支流緒方川の流域で,江戸時代初期,緒方上井路 (1645) ,緒方下井路 (1662) の二つの灌漑用水路の完成により水田が開かれ,岡藩穀倉地帯を形成。緒方五千石といわれた緒方米は現在も有名で,酒造業も発達。畜産も行なわれる。宮迫の東石仏,西石仏はともに国の史跡尾崎の石風呂は国の重要有形民俗文化財。緒方川にかかる原尻の滝には豊後ナイアガラの別名がある。奥岳川上流の川上峡谷を含む南部県境付近は祖母傾国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おがた〔をがた〕【緒方】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おがた【緒方】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

緒方
おがた
大分県南部、大野郡にあった旧町名(緒方町(まち))。現在は豊後大野市(ぶんごおおのし)の南西部にあたる地域。旧緒方町は1950年(昭和25)町制施行。1955年長谷川(はせがわ)、上緒方、小富士(こふじ)の3村と合併。2005年(平成17)三重(みえ)町、清川(きよかわ)村、朝地(あさじ)町、大野(おおの)町、千歳(ちとせ)村、犬飼(いぬかい)町と合併して市制施行、豊後大野市となった。旧町名は古代以来の郷名、地方名にちなむ。JR豊肥(ほうひ)本線、国道502号が通じる。大野川支流、緒方川が流れる緒方盆地は条里の名残(なごり)もみられ、平安末期には源平の合戦などで活躍した源氏方の緒方惟栄(これよし)の拠点として栄えた所で、17世紀中ごろ岡藩築造の緒方上下井路によって灌漑(かんがい)され、緒方五千石といわれ、岡藩最大の米どころであった。中・南部は丘陵、山地で、シイタケ、カボスの特産がある。宮崎県境の祖母山(そぼさん)、傾(かたむき)山は祖母傾国定公園に属し、緒方川にかかる原尻ノ滝(はらじりのたき)は高さ20メートル、幅120メートル、「大分ナイアガラ」の称がある。また緒方宮迫(みやさこ)東・同西の両石仏は国指定史跡。尾崎(おさき)の石風呂(いしぶろ)は国指定重要有形民俗文化財。このほか、緒方惟栄の館(やかた)跡を示す巨大な碑もある。また、かつて日本有数の銅、錫(すず)、亜鉛鉱山であった尾平鉱山(おびらこうざん)や豊栄鉱山(ほうえいこうざん)は現在休山している。[兼子俊一]
『『緒方村誌』(1934・緒方村) ▽『緒方町誌 続』(1958・緒方町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緒方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

緒方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.