Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

緑・翠【みどり】

大辞林 第三版

みどり【緑・翠】
色の名。光の三原色の一。青色と黄色との中間の色。春・夏の木の葉や草の色。古くは、緑色から青色に至る広い範囲の色をさした。みどりいろ。 木々の-
緑色の木や草。新緑をいうことが多い。 [季] 夏。 -の季節 -滴る野山

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みどり【緑・翠】
[1] 〘名〙
① 草木の芽。新芽。
※古今(905‐914)春上・二五「わがせこが衣春雨ふるごとに野辺のみとりぞ色まさりける〈紀貫之〉」
② 色の名。青と黄との間色。七色の一つ。また、光の三原色の一つ。みどりいろ。
(イ) 草木の葉のような色。特に、新緑の頃の葉のような色。《季・夏》
※万葉(8C後)一〇・二一七七「春は萌え夏は緑(みどり)に紅の綵色(まだら)に見ゆる秋の山かも」
(ロ) 海や空などのような色。深い藍色。〔書陵部本名義抄(1081頃)〕
※長秋詠藻(1178)上「ながめするみどりのそらもかき曇りつれづれまさる春雨ぞふる」
(ハ) 黒くつやのある色。多く毛髪にいう。→緑の髪
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)初「緑を願ひし黒髪を」
③ (松の緑、すなわち松の太夫の芽生えの意から) 江戸時代、遊里で禿(かぶろ)の称。
※洒落本・孔雀そめき(1789‐1801)自叙「いろのみどりを禿の名によべる子の日の松の太夫しょくとて」
[2]
[一] (緑) 名古屋市の行政区の一つ。昭和三八年(一九六三)成立。市南東部にあり、江戸時代は東海道の鳴海宿、問屋場として栄えた。有松絞りの産地。近年は住宅地として発展。
[二] (緑) 横浜市の行政区の一つ。昭和四四年(一九六九)港北区から分離成立。市の北西部に位置し、住宅地として発展。平成六年(一九九四)青葉区および都筑区を分区。
[三] (緑) 千葉市の行政区の一つ。平成四年(一九九二)成立。市南部、村田川東岸一帯を占める。旧水田地帯から住宅地として発展。
[四] (緑) さいたま市の行政区の一つ。平成一五年(二〇〇三)成立。市域の南東部を占め、埼玉スタジアムがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緑・翠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

緑・翠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.