Rakuten infoseek

辞書

総画素数【ソウガソスウ】

デジタル大辞泉

そう‐がそすう〔‐グワソスウ〕【総画素数】
デジタルカメラなどが備える撮像素子を構成する受光素子総数。撮像素子の周辺部はノイズが発生しがちで、レンズの画質も低下するため、画像の記録に用いられない。そのため有効画素数は、総画素数より若干小さな値となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

総画素数
 CCD や CMOS など、イメージセンサに配列されている受光素子の総数。これらすべてが画像形成に活用されるわけではなく、その周辺部ぎりぎりの素子は使用されない。また、一部のカメラをのぞき、一般的には総画素数よりも少ない画素数で画像記録される。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

そうがそすう【総画素数】
デジタルカメラなどに搭載されたイメージセンサー受光素子の総数。イメージセンサーの周辺部分はノイズの出やすさなどから画像の記録には使われないため、実際に記録に使われるイメージセンサーの数(有効画素数)は総画素数よりやや小さい値となる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総画素数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

総画素数の関連情報

他サービスで検索

「総画素数」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.