Rakuten infoseek

辞書

総持寺【そうじじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

総持寺
そうじじ
曹洞宗大本山。諸岳山と号し,横浜市鶴見区にある。もと,行基が能登鳳至郡に諸岳寺観音堂を開創したのがりで,元享1 (1321) 年住職が瑩山禅師に帰依したために,諸岳曹洞宗に改宗して瑩山を開山とし,寺号を改めた。翌年永平寺とともに大本山となり,のち峨山禅師のもとで禅風大いにふるった。しかし 1898年焼失後,1907年在の地に移築し,旧地別院を配置した。総持 (陀羅尼異名) の名の示すように,真言密教の影響があり,現在の曹洞宗寺院大部分は総持寺の系統である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総持寺
そうじじ
東京都足立区西新井にある真言宗智山派の寺。五智山遍照院と号す。空海創建と伝えられ,本尊十一面観音に加え,自作像も安置し,当時流行していた疫病退散を祈願したという。これが,厄除け霊験あらたかな御大師様として,今日も西新井大師通称で人々の信仰を集めている。江戸初期,12世賢真が出て一層の発展寄与,末寺を従える有力寺院となった。長保3 (1001) 年ののある鋳銅刻画『蔵王権現像』は国宝,ほかに重要文化財も多数所蔵する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうじ‐じ〔ソウヂ‐〕【総持寺】
横浜市鶴見区にある曹洞宗の大本山。山号は諸岳山。もと石川県輪島市にあり、行基の開創と伝える真言宗の寺であったが、元亨元年(1321)請われて瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)が入寺、曹洞宗に改めた。中世以来、永平寺との間でしばしば勢力争いがあった。火災により、明治40年(1907)現在地に移転。旧地には総持寺祖院を残す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

総持寺
△神奈川県横浜市鶴見区▽にある寺院。曹洞宗大本山。山号は諸嶽山。能登(石川県)にあった真言宗の寺、諸岳寺が起源。1321年、曹洞宗に改宗して改称。1898年の火災による焼失後、1907年に官許を得て、1911年に現在地に寺基移転。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総持寺
△大阪府茨木市▽にある寺院。高野山真言宗。山号は補陀洛山、本尊は千手十一面観世音菩薩。西国三十三所、第22番札所。9世紀末の建立火除け、厄除けで知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総持寺
△群馬県太田市世良田町▽にある真言宗豊山派の寺院。山号は威徳山、院号は陀羅尼院。鎌倉時代の総領家級の館跡に建てられた寺で、「館の」とも呼ばれる。館の居住者には新田義重新田義貞などのがある。境内は「新田荘遺跡」として国の史跡に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうじじ【総持寺】
横浜市鶴見区にある寺。山号は諸岳山。福井県永平寺とともに曹洞宗の大本山で,1321年(元亨1)瑩山紹瑾(けいざんじようきん)によって開創され,もと能登にあったが,明治末年に現在地に移された。1898年(明治31)4月13日夜,能登門前町にあった総持寺は法堂より出火し,伝灯院(開山廟所)経蔵その他小建築物10余棟を残して,全山灰燼(かいじん)に帰した。その後ただちに再建計画が進められたが,従来の所在地は交通不便で,一宗の本山としては末派僧侶や檀信徒参拝にも不都合であり,1907年3月9日,独住4世石川素童の時,寺基移転の官許を得て,11年11月5日,横浜市鶴見に移転遷祖の式が行われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

そうじじ【総持寺】
石川県鳳至(ふげし)郡門前町にある寺。山号は諸岳山。もと曹洞宗の大本山で,現在は祖院とされている。能登にある本山という意味で能山とも呼ばれ,岳山とも通称される。寺基は元来,諸岳(もろおか)寺あるいは諸岳観音堂といわれた密教系の教院であった。一説に行基の建立とも伝えられる。1321年(元亨1)時の住持定賢律師は霊夢により,永光(ようこう)寺(羽咋市)の瑩山紹瑾(けいざんじようきん)にここを譲り,瑩山は禅院に改め,寺号を諸岳山総持寺と名づけて開山となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

そうじじ【総持寺】
大阪府茨木市にある高野山真言宗の寺。山号は補陀洛山。寺基建立の経緯は,山蔭中納言藤原高勅命により筑紫に赴く途次,大亀を助けてやったが,その子政朝が水難に遇った際この大亀に助けられたので,高房はこれを観音の加護として報恩のため観音像造立供養を発願し,中国に用材の白檀香木を求め,政朝のときに千手観音像が完成したと伝えられる。890年(寛平2)に伽藍が造立され,一条,後一条,白河鳥羽の4天皇の臨幸もあり,寺地を賜り勅願所に列せられて外護を受けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうじじ【総持寺】
横浜市鶴見区にある曹洞宗の本山。山号、諸嶽山。もと石川県櫛比くしび村(現、輪島市)にあった行基開創と伝える密教系の寺。1321年に住持が瑩山紹瑾けいざんじようきんに帰依し曹洞宗に改め、以後長く永平寺と本末を争い、徳川家康の調停でともに本山となる。1898年(明治31)火災にあい、明治末に現在地に移建された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうじ‐じ ソウヂ‥【総持寺】
[一] 東京都足立区西新井にある真言宗豊山派の寺。山号は五智山。弘仁一一年(八二〇)空海の草創と伝える。本尊は十一面観世音菩薩・弘法大師像。寺宝の蔵王権現像は国宝。西新井大師。
[二] 横浜市鶴見区鶴見にある曹洞宗の大本山。山号は諸巖山。もと石川県鳳珠(ほうす)郡門前町にあり、諸巖寺観音堂という行基開創の真言宗の寺。元亨元年(一三二一)住持定賢が瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)に譲り、改宗して総持寺と号した。明治四四年(一九一一)現在地に移転。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総持寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

総持寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.