Rakuten infoseek

辞書

総平均法【そうへいきんほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

総平均法
そうへいきんほう
periodic average method; gross average method
一定期間内の総平均単価を期末棚卸価額 (期首棚卸価額+期中受入れ価額) を棚卸資産の総数 (期首棚卸数量+期中受入れ数量) で除して求め,これと払出し数量,棚卸数量とに基づいて払出し価額,棚卸価額を算定する棚卸資産の評価方法の一つ。この特徴は棚卸資産が一定期間内では総平均された均一な単価をもつとみなすことにある。しかし計算が期末となって初めて行われるため期中では単価が判明せず,原価計算のうえからは払出し原価の算定が遅れることになり望ましくないといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典

総平均法
繰越高と当期の受入高の平均により払い出し単価を計算する方法を、総平均法といいます。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

総平均法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

総平均法の関連情報

他サービスで検索

「総平均法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.